五輪会場から遠くに雪をかぶった山が連なる光景を見ると、冬季五輪が始まるという高揚感がわいてくる。快晴に恵まれ、昼間は予想より暖かいソチだが、夕方になると少し冷え込んでくる。

 そんななか、2月3日午後には、スピードスケートの会場となるアデラー・アリーナで、各国選手が参加したタイムトライアルが開催された。

 この日、500mで金メダル獲得が期待される長島圭一郎は、タイムトライアル出場を回避。今村俊明コーチが「1週間前に滑って課題を見つけるのもひとつのやり方だけど、長島は本番のスタートラインに立って初めて力が爆発するタイプなので、タイムトライアルは出なくてもいいと思って」と話すとおり、午前中の軽い練習だけに止めた。

 もうひとりの金メダル候補である加藤条治は、タイムトライアルに参加。前回バンクーバー五輪のトライアルでは、スタートに失敗して周囲を心配させたが、今回は無事にスタート。タイムは20人ほど滑ったうちの11番目の35秒51だったが、「50m過ぎからの伸びもあったし、スピード練習もやっていない状態での滑りとしては思いどおりのレースができたと思う」と落ち着いている。

 加藤本人は「体の切れはまだまだですが、試合まで1週間あるので戻ってくると思う。今の体のキレは、シーズンインの全日本距離別の1週間前よりいいくらいです」と手応えを感じていた。

 今村コーチは「本人が意識したのは最初のカーブでどう加速するかだったが、50〜100mではいい動きをしていた。条治自身もここで記録を出し過ぎてはいけないと思っていただろうし、僕も36秒00くらいでいいと思っていた。ピーキングに関しては、現時点では9割はOKといえる状態。チームドクターやトレーナーと相談しながらやっているが、筋肉などの体に関しては何の心配もなく、イメージどおりに来ている」と自信を持つ。

 ライバルが多く混戦状態の男子500mだが、加藤と長島は自分の力を出し切れる状態で10日のレースに臨めそうだ。

 最後に、日本の女子チームパシュートのタイムトライアルも行なわれ、この日は菊池彩花の代わりに押切美沙紀が出場。スタートは高木菜那が先頭で引っ張り、2番手が押切で3番手が田畑真紀という布陣だった。ゴールタイムは3分03秒65。このタイムは、昨年3月にこのソチの会場で行なわれた世界距離別選手権の結果と比較すると2位に相当するタイムだが、今季の結果を見る限りソチでのメダルにはもう一歩という記録。

「長野の練習では押切が2番手でいっていいスピードをキープしていたので、それをもう一回やってみようと考えていました。今回は私が少し遅かったので、それがタイムに響いてしまった」とチームリーダーの田畑は反省する。

 同時に田畑は「今は体調を一回落としたところから上げている途中。その状態ではまずまずのタイム。これからレースに向かって体力が上がってくるので大丈夫」と自信をのぞかせた。

 初の五輪となる高木は、「もう少し楽に3分3秒台を出せれば良かったんですが、足に疲れがきてしまった。自分の2回目のところでラップを落さないようにするのがカギ」と、課題の修正を口にするなど冷静。同じく初の五輪となる菊池は、この日、1000mを滑って5人中5位の1分20秒09と状態が上がりきっていない。彼女が16日の1500mまでに調子を上げてくれば、メダルは十分視野に入ってくるはずだ。

 翌4日の昼過ぎには、未明にソチ入りしたばかりのフィギュアスケートの羽生結弦が、前日夜に最初の練習をしていた町田樹とともに練習リンクに姿を見せた。その羽生は、曲をかけての練習ではジャンプをすべて抜いて演技をこなし、その後にジャンプ練習を開始。

「まだ氷の感覚がつかめていなくてスケーティングで抜ける部分もあったし、調子が悪かったらジャンプを跳ばなくていいと思っていました。でも、調子自体は落ちているわけではないので、アクセルまでは跳ぼうと」

 そう語った羽生は、3回転ルッツ+1回転ループ+3回転サルコウの連続ジャンプを決めると、トリプルアクセル+3回転トーループの連続ジャンプにも成功。「気持ち良かったし楽しく滑れた」と笑顔を見せた。

「今シーズンはトレーナーに体を見てもらっていて心配はないし、自分の体を最大限に使って演技ができていると思う。いい感覚でここまで来ている」と、コンディション調整は順調で表情は明るい。

 夕方には、羽生にとって「子どもの頃からの憧れ」というエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)と同じ時間帯で練習をする可能性もあったが、残念ながらプルシェンコは現れず。プルシェンコと戦うことについて聞かれた羽生は「今回は試合。アイスショーで一緒になった時の気持ちではなく、今の自分ができることに集中したい」と、本番への意識を高めていた。

「いつものように調子が徐々に上がっていく感じです」と語った羽生はショートプログラムの曲中も含め、4回転トーループを4回決めるなど、状態は上向きだ。

 6日には、開会式前にフィギュアスケート団体戦ショートプログラムが行なわれる。このほか、スキージャンプの高梨沙羅や葛西紀明ら、金メダル候補の選手たちも続々と現地に到着した。

 いよいよソチ五輪が始まる。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi