「E 250 クーペ リミテッド」

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は2014年2月5日、「Eクラス クーペ」の内外装に特別装備を採用し、スポーツ性と上質感をいっそう向上させた特別仕様車「E 250 クーペ リミテッド」を100台限定で発売する。メーカー希望小売価格は712万円。

ナッパレザー使用したインテリア

「Eクラス クーペ」は、Bピラーレスの流麗なサイドビューが最大の特徴の2ドアクーペモデル。

今回登場の特別仕様車では、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「E 250 クーペ」をベースに、AMGスポーツパッケージ、専用デザインの18インチAMG5ツインスポークアルミホイールを採用し、エレガントなEクラスクーペにスポーティーな個性を追加。ボディーカラーは、ポーラーホワイト(80台)とファイアオパール(20台)の2種類を設定した。

インテリアは、シート、ダッシュボード、ウッドステアリングにナッパレザーを使用したほか、スポーティーなアクセントを与える、ラバースタッド付きのステンレスアクセル&ブレーキペダルを装備。内装色は、ポーラーホワイト外装にはベンガルレッド、ファイアオパール外装にはナチュラルベージュを組み合わせた。

また、最新世代の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に加え、駐車時や狭い道などで車両周囲の状況を4つのカメラにより確認できる「360度カメラシステム」を取り入れ、安全性と利便性をより高めている。