写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DS用ソフト『THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAINCALL』(シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール)を、2014年4月24日に発売することを発表した。

『シアトリズム ファイナルファンタジー』は、発売から25周年を迎え、全世界累計出荷本数が1億本に達した『ファイナルファンタジー』シリーズ初の音楽ゲームとして、2012年2月にニンテンドー3DS用ソフトとして発売。『ファイナルファンタジー』のナンバリングタイトルの世界観、美しい世界、壮大なストーリー、心に深く残る映像と結びついた代表曲、名曲を網羅し、オリジナルのバトルやムービーシーンと共に音楽ゲームとして人気を博した。

その新作となる『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』は、メインスタッフに野村哲也クリエイティブプロデューサー(ファイナルファンタジーVII、VIII、X、KINGDOM HEARTSシリーズなど)、間一朗プロデューサー(ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンなど)を迎えて制作。『ファイナルファンタジー』シリーズから登場するキャラクターは60人以上、モンスターも多数追加され、1対1で対戦が楽しめるバーサスバトルモードやボスの討伐を目指すクエストメドレーモードなど、新要素で大幅にパワーアップしているという。

パッケージ版(5,800円)とダウンロード版(4,444円)の2種類、そしてオリジナルデザインのニンテンドー3DSLL本体を同梱した『シアトリズム エディション』(23,000円)も同時発売される。(同梱版のソフトはダウンロード版)

(C)2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by indieszero Co.,Ltd.