「悔しさと手応え? どちらもありますが、悔しさのほうが大きいです」

 松山英樹が、米ツアーのウエイストマネジメント・フェニックスオープン(1月30日〜2月2日/アリゾナ州)で奮闘。最終日の終盤を迎えて首位に1打差まで迫り、熾烈な優勝争いに加わったが、最後は首位と2打差の通算14アンダー4位タイでフィニッシュ。米ツアー初優勝に、あと一歩およばなかった。

「昨日(3日目)から思うようにパッティングが打てなくなっていた。それが、最後の勝負どころで(パットが)入らなかった要因だと思う。14、15番のバーディーパット? そうですね、惜しいパットが最後のほうで続いた。勝つには、その辺が足りなかった。久しぶりの優勝争いで、チャンスがあると思ってプレイしていましたが、終盤でうまくプレイできなかったのは、すごく悔しいです」

 今季(2013−2014年シーズン)から米ツアー本格参戦を果たした松山だったが、背中痛や左手の痛みなどでおよそ2カ月間、実戦から離れていた。それでも、ファーマーズインシュランスオープン(1月23日〜26日/カリフォルニア州)で復帰すると、ショットが安定しない中でも予選を突破。最終的には16位タイという、上々の結果を残した。

 復帰2戦目のフェニックスオープンも、調子は万全ではなかった。試合前には満足できるだけの練習ラウンドを消化できず、松山は「今の段階では先週よりも(ショットの調子は)よくない。(ゴルフに関係する)悪い夢ばかり見る」と語っていた。しかし、いざ本番を迎えると、初日から爆発。練習とは打って変わって精度の高いショットを連発し、首位と2打差の5アンダー10位タイと好スタートを切った。

「(調子が悪いと言っていたショットに関しては)今日はびっくりするぐらいよかった。(ラウンド前の)練習場でもそんなによくなかったんですけど、スタートホールの10番のティーショット(3番ウッド)が、真っ直ぐ飛んでいった。それで、だいぶ気分がよくなって、『(今日は)いけるかな』と思った。本当はもう少し球筋を打ち分けられたら、楽なラウンドになるのかなと思うけど、今はこれ以上求めないようにやっていきたい。(調子が)そこまでの状態じゃないし、いい球筋を求めていくとミスも多くなってくると思うので、欲張り過ぎないでやっていけばいいかな、と思います」

 2日目、3日目は「調子はよくない」と口にしていたとおり、ショット、パットともに安定性を欠いた。2日目はティーショットがラフやセミラフにつかまる場面が多く、「ドライバーが悪く、アイアンもいいわけじゃない。(ショットは)真っ直ぐ飛ぶ気がしない」と吐き捨てた。3日目はトータル30パットとなかなかチャンスを決められず、「今日は特にパッティングがうまくいかなかった。それで、あまり(スコアを)伸ばすことができなかった」と不満の表情を見せた。

 とはいえ、2日目が67、3日目も68と、スコアを着実に伸ばして、順位は5位タイ、3位タイと浮上。3日目を終えてトップとはわずか3打差と、十分に優勝を狙える位置につけた。

「内容には満足していませんけど、スコアには満足しています。ショットやパットが悪いなりにも、こういう(上位の)位置にいられて、崩れなかったのはよかった。プレイの出来は日に日に悪くなっているので、(最終日も)コースと向き合って、スコアを崩さないように気をつけていきたい。それで、バーディーを狙えるシチュエーションを迎えたら、バーディーをとっていきたい。今までと変わらないプレイをしていきたいと思います」

 米ツアー初優勝が手に届く位置まできても、松山は冷静だった。最終日に向かう意気込みを問われても、周囲の興奮をよそに淡々と語っていた。

「優勝を意識する? 明日になってみないとわからない。かといって、朝からガツガツ行く、という気持ちはない。残り数ホールになって、いい位置にいれば、ピンを狙っていくショットをすると思う。そんなふうに、優勝を争える位置でプレイをしたいと思っています。そのときは気持ちの作り方が難しくなる? う〜ん、そういう気持ちとか気にしたことないし、それが難しいと思ったこともない。優勝争いをしたら苦しい思いをするかもしれないけど、優勝争いをしているときだけが苦しいわけではない。下位でプレイしているときも苦しいですから」

 どんな舞台、どんな状況を迎えても、松山の気持ちはブレない。それが、彼の強さなのだろう。常に目の前の一打に集中して、自らがいい結果を残すことだけを考えて戦っている。迎えた最終日もそうだった。大観衆の声援やブーイングにも動じず、初優勝へのプレッシャーを感じている様子もなかった。普段どおりのプレイで、ショットが乱れたり、パットが入らなかったりしても、ガタガタと崩れることなく、最後まで落ち着いたプレイを見せて優勝争いを演じた。

「(1オンした)17番パー4もチャンスがあった。でも、それを生かせないのが、今の実力だと思う。逆に言えば、ああいうチャンスを決めることができないと、優勝争いから抜け出すことはできない。そういう経験ができたことはすごくよかったな、と思います。何度も言いますけど、ショットの内容があまりよくない中で、こうやっていいプレイができたことはすごく自信になります。

 勝てた試合? 『勝てなかった』試合です。『勝てた』じゃないです。勝てなかった、ということが結果として残っただけです。勝てない理由は自分の中でもすごくあるし、それを突き詰めていかないと勝てないな、と思いました。技術的にはもちろん、ショットに関してもそう。アプローチも、パッティングも徐々に悪くなっていって、最後のほうで決め切れなかったのは、自分(の技術)に自信を持てていなかった証拠。そういう部分がすごく(結果に)響いたと思う。

 終盤、優勝へ向けてギアを入れた? ギアとか、そういうのはない。(勝つためには)自分はピンに向かって打っていって、(少ないショットで)ボールをカップに入れるだけだと思っている。それを(優勝争いの中でも)シンプルに考えることができるかどうか。ギアを上げたから、パターが入る、というわけでもないし。(今日も)普通に自分ができることをやっていた結果、今は勝てなかった。それを今度から勝てるようにやっていくのが、これからの練習の課題」

 惜しくも優勝は逃した松山。だが、米ツアー1年目とは思えぬ、堂々たるプレイぶりは、多くのアメリカファンの心をつかんだ。同時に、松山の優勝の瞬間がまもなく訪れることを、彼らも実感したに違いない。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko