『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』 ©2014「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」製作委員会

写真拡大

漫画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』が実写映画化され、5月17日から東京・池袋シネマ・ロサほかで公開。また、同作の主題歌が発表された。

【もっと写真を見る】

松沢まり原作の『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』は、漫画誌『月刊ドラゴンエイジ』に連載中の作品。母の再婚がきっかけで義理の兄・夕哉との生活をはじめることになった神前美月が、幽霊を自称する謎の少女・日和に憑依され、夕哉との恋を強制されるというあらすじだ。映画版では、美月役に『天才てれびくんMAX』への出演で知られる橋本甜歌がキャスティングされており、写真集『スクールガール・コンプレックス』で知られる青山裕企が、伊基公袁と共に監督を務める。

今回発表された主題歌“HOW’S IT GOING?”は、tofubeatsがプロデュース。歌を橋本甜歌が担当する。なお、同楽曲を収録したシングルが、4月23日にリリースされることも明らかになった。