(上)「ねぎ塩牛バラ丼〜韓国風味付海苔添え」、(下)「鶏プル(トリプル)丼」

写真拡大

ファミリーマートは2014年2月4日、よしもとグルメ芸人が考案した丼の全国発売をかけて争った「ファミ丼バトル」の結果を受け、木村祐一さん発案の「ねぎ塩牛バラ丼〜韓国風味付海苔添え」とロバート考案の「鶏プル(トリプル)丼」を全国店舗(北海道を除く)で発売した。

「韓国風味付海苔」「ゆず粉」付き

ファミ丼とは、よしもとグルメ芸人がご当地丼ぶりをベースに「ひと手間」を考案した丼で、13年12月10日から30日まで、全国6地区で1種類ずつ販売された。今回、人気投票や売上結果をもとに、関東地区の「ねぎ塩牛バラ丼」が東日本代表のファミ丼として、九州地区の「鶏プル丼」が西日本代表のファミ丼として全国店舗に登場。

「ねぎ塩牛バラ丼」は、柔らかく脂ののった牛カルビ肉に、ゴマ油の風味がきいたねぎ塩と、香り豊かな揚げねぎ、さらに、さっぱりとした味わいの塩ダレをあわせた。「韓国風味付海苔」が付いている。価格は498円。

一方、「鶏プル丼」は、にんにくや生姜などでしっかりと下味をつけた鶏の空揚げ、ふっくらと揚げたとり天、タルタルソースをかけたチキン南蛮を相性の良い鶏めしの上にのせた。別添の「ゆず粉」も用意されている。450円。