日本男子テニスの新たな世界への扉を開けたのは、やはり錦織圭だった。

 国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(WG)1回戦、「日本対カナダ」で、日本は4勝1敗で昨年ベスト4のカナダを破り、歴史的勝利をあげた。日本のエースである錦織は、単複で合計3勝を挙げて勝利の立役者となった。

 デビスカップは、初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合、最終日にシングルス2試合を行ない、先に3勝を挙げた方が勝利国となる。1981年に世界のトップ16カ国で構成されるWG制になってから、日本は過去3回WG1回戦を戦っていたが、いずれも強豪国の壁に阻まれ敗退していた。

「(1回戦突破は)大きな目標。以前はここ(WG)に入ることが目標でしたけど、2回戦(ベスト8)に行けるチームだと思いますし、歴史的な勝利を目指していきたいです」。こう語っていた錦織の活躍で、WG1回戦で日本は初勝利。見事ベスト8進出を決めた。

 実は今回、カナダのエースのミロス・ラオニッチ(ATPランキング11位)が、右足首のケガの悪化のため、直前になって代表メンバーから離脱していた。さらに、ナンバー2のバセク・ポスピシル(25位)も腰のケガでプレーを断念した。

「誰が相手でも、シングルスで勝つことが自分の使命なので、気持ちの面では変わりはない」

 こう語った錦織は、オープニングマッチのシングルスで世界18位の力を見せつけてストレート勝ち。ただ、第2試合のシングルスで添田豪(140位)が敗れてしまい、日本は1勝1敗となった。

 2日目のダブルスは、勝てば王手をかけられる大事な試合。ここで、植田実デビスカップ日本代表監督は、体力的に余裕のあった錦織をダブルスに投入することを決断し、チーム最年少で21歳の内山靖崇と組ませた。

「選手達には、初日の流れ次第で、誰でも行けるようにしておいてくれと話していた。正直迷ったところはあったが、勝つための最善策と思った」(植田監督)

 この采配が的中した。普段ダブルスの練習はほとんどせず、年に数回しかダブルスの試合には出場しない錦織は「ダブルスに出るのは、正直少し迷いがあった」という。だが、今回は1週間前からダブルスの練習もして備えていた。試合では、彼のゲームセンスとショットメイクの才能が、ダブルスでもいかんなく発揮された。

 カナダには、4大メジャーのダブルスタイトルをすべて持つ41歳の大ベテラン、ダニエル・ネスターがいる。ダブルスで絶対的な存在である彼は、錦織のダブルスのうまさに驚かされたという。

「錦織がシングルスでプレーするのは何度も見てきたが、ダブルスでもボレーが素晴らしく、あれだけネットプレーをうまくできることに驚いた。それに、思っていた以上にリターンでのラケットの合わせ方がよかった」

 また、「錦織のダブルスの能力が、内山の力をもっと引き出せる」と植田監督が期待していたように、錦織に触発されて、内山も好プレーを連発。1年前とは別人のような進化した姿を見せた。錦織と内山は、試合が進むごとにコンビネーションが良くなり、前評判では劣勢と考えられていたダブルスで、カナダペアを3−1で破る大仕事をやってのけた。

「頼もしいパートナーがいるので、自分がミスをしても何とかしてくれるという気持ちで、自分の思い切ったプレーを出しきった」(内山)

 錦織は、内山の武器である時速200キロのサーブを軸にした作戦を考え、思い切りプレーできるように意見を交換しながら戦った。そして、内山が、初めてのWGでの大舞台で臆することなくいいプレーをしたことを、日本代表の先輩として喜び、さらなる若手の台頭も望んだ。

「彼にとって、いい経験になったと思う。とても頼もしいデ杯の一員になる。これからは、僕よりも若い選手が育ってこないと、上に行く可能性が見えてこない」

 最終日のエース対決では、フランク・ダンシェビッチ(119位)が、3連戦の影響による腹筋のケガのため途中棄権し、錦織が勝利。思いがけない形で、日本のワールドグループ初勝利がもたらされた。

「複雑な気持ちで、素直に喜べないのも事実です。でも、それもチームの勝利だと思います。2回戦(ベスト8)に進むのは信じられない気持ちもある」

 こう語った錦織が、日本代表入りしたのは2008年。当時日本は、WGのひとつ下のアジア/オセアニアゾーンIに属していた。WGへの昇格がままならなかったそのころは、WGでの勝利など、夢のまた夢――。だが、錦織はWG昇格を信じてきた。

「僕自身、(そこから)ランキングが20位以内に上がった。日本男子選手3人が、トップ100に入っていた時期もあった。他のWGの国を見ても、(個人の)ランキングは変わらないので、絶対に上に行けるという目標をしっかり持ってやってきた」

 植田監督も、錦織の成長があってつかんだWGでの初勝利であり、チームの大黒柱になったことを評価する。

「錦織は、1年前よりグランドスラムで戦うレベルが上がった。彼の体がより強くなったことを非常に強く感じました。(デビスカップで)3日間やれる体になってきている。各国のナンバーワン選手、たとえばフェデラーやナダルのように、3日間連続で出られる域に近づいている」

 各国のエースは、チームの勝利のために、シングルス2試合だけでなく、ダブルスにも出場するケースが多い。それは、代表戦での勝利の法則のひとつでもあるが、監督から全幅の信頼が寄せられている証拠でもある。

「やっぱり、3勝できるのは気持ちいいですね」と振り返った錦織は、独特のプレッシャーがかかる代表戦で、エースとしての責任をしっかり果たした。これまでは、とかく体力面が不安視されがちな錦織だったが、今回はケガなく戦い切り、フィジカル面で問題がなかったことは、彼にとって大きな収穫になっただろう。

 また、日本のエースとして成長し続ける錦織の存在が、内山にもたらした影響も大きかった。今後、若い選手が育って日本代表の選手層がさらに厚くなり、より強くなっていくための布石になったといえる。

 初のベスト8入りを果たした日本は、準々決勝(4月4〜6日/有明コロシアム)で、デビスカップ2連覇中のチェコと対戦することが決まった。日本は、9大会連続してホームで戦えることになる。

 トップになればなるほど試合数が多くなり、普段のワールドツアーでの個人戦と代表戦の両立は難しくなる。主力のケガに泣かされたカナダは、その典型的な例だった。今シーズン好調をキープしている錦織が、トップ選手として今後個人戦と代表戦の両立にどう取り組み、レベルアップしていくのか見守りたい。

「これからもっと強い国とやることになる。でも、自分はトップ10の選手に勝っていますし、絶対チャンスはあると思う。僕自身はもちろん、チーム全員が強くなれれば、もっともっと上にいけると思う」

 WG準々決勝という、日本男子が初めて経験することになる大舞台で、錦織がどんな活躍をするのか楽しみは尽きない。もちろん日本代表の勝利のカギを握るのは、錦織だ。

神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi