奥さんに正社員で働き続けてほしい男性は61.7%「お金を稼げるうちは働いてほしい」

写真拡大

一昔前に比べて、共働き夫婦が増えていると言われる現代の日本。世間の未婚男性たちは、やはり結婚したら奥さんに共働きを望むのでしょうか? 「奥さんにはずっと家にいてほしい」と思うのは、もはや少数派かも……? そこで、「結婚後の奥さんの理想の働き方」について、働く男性にアンケートを実施。気になる実態を調査してみました!

Q.結婚後の奥さんの理想の働き方について教えてください。

正社員で働き続けてほしい 61.7%
パートやアルバイトなど、ペースを落として働いてほしい 23.9%
専業主婦になってほしい 7.5%
その他 6.9%

■正社員として今の仕事を続けてほしい!

・「好きなことをし続けてほしい」(26歳/自由業/クリエイティブ職)

・「お金を稼げるうちは働いてほしい」(28歳/自動車関連/技術職)

・「いつ自分の首が切られるか分からない世の中だから」(25歳/建設・土木/技術職)

もっとも多かったのが、正社員のままでいてほしい派。奥さんの人生を支持する前向きな意見もありましたが、それよりも「お金が必要」という現実問題に直面した、切実な意見のほうが目立ちました。中には「自分の収入だけでは家族を養えそうにない」「景気的に今後どうなるか分からない」といった将来を不安視する声も。先行き不透明な今の世の中だからこそ、奥さんにも正社員として安定収入を得ていてほしいと思う人が増えているのかもしれません。

■パートやアルバイトでいいから、働いてほしい!

・「家事をさせることを考えると、さすがに正社員は酷だと考える」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「家のこともやってほしいけど、多少のお小遣い程度の収入は得てほしいから」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「お小遣い程度の金額を稼いでくれれば、気兼ねなく使えると思うから」(27歳/医療・福祉/専門職)

正社員の次に多かったのが、パート・アルバイトでも働いてほしい派。「多少は家計を支えてほしい。でも、家庭のこともおろそかにしてほしくない……」と、収入と家事の両方をバランスよく奥さんに望む傾向が強いようです。確かに、パート・アルバイトなら時間の融通がきくので、仕事と家庭の両立はしやすいでしょうね。また、金銭面については、「自分のお小遣い分くらいは稼いでほしい」と、正社員派に比べて穏やかなレベルの要望が目立ちました。

■専業主婦になって、家にいてほしい!

・「家庭を守ってほしいから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お互いすれちがいの原因になりそう。やっぱりずっと家にいてほしい」(32歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「家事がやっぱり大変だと思うから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

やはり少なかった、専業主婦になってほしい派。ただ、「男が外で稼いで、奥さんは家を守るべき」と考える人もまだいました。専業主婦になってほしい派には高収入の男性が多いのかと思いきや、年収との関連性はあまりなかったので、こればかりは彼の考えによりそうです。

今回のアンケートを通じて、大多数の男性が結婚後も奥さんに何らかの形で「働いてほしい」と思っていることがわかりました。「結婚したら仕事を辞めて、専業主婦になりたい!」と思っている女性のみなさん。その道は、今やかなりの狭き門になっているようですね……。

(ファナティック)

※『マイナビニュース』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数159件(22歳〜34歳の働く男性)