【ソチ五輪】五輪選手・村主章枝が語る、フィギュアの裏舞台と今大会の見どころ

写真拡大

いよいよ2月7日に開会式を迎える、雪と氷の祭典「第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)」。

2002年ソルトレイク、2006年トリノと2大会連続入賞を果たし、現在も現役選手として競技を続ける村主章枝が、世界最高峰のオリンピックという大会、フィギュアスケートの魅力、日本選手団の活躍について語る。

――オリンピック2大会連続出場を果たされた村主さんから、改めてオリンピックという舞台についてお話しいただけますか?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

村主 自分が出場した当時は、それほどスゴイものだという感覚はありませんでした。でも、一度離れてみると、やっぱり選び抜かれた選手しか出られない神聖な場。世界選手権などとは全く別ですね。リンクの空気が澄んでいて、きれいで、空気感が違うというか。とってもいい思い出の場所です。ぜひ、もう一度出場したいなと思います。

――どんな思い出がありますか?

村主 私、“お祭り女”で、オリンピックの度にいろいろなハプニングを起こしてきました。ソルトレイクでは本番3日前に転びんで、スケートシューズの刃が太ももに当たってしまいました。皮膚は切れなかったけれど内出血し、選手村の医務室で、注射器2本分も血を抜きました。

――パニックになりませんでしたか?

村主 さすがにその日は大泣きしましたが、泣いてもどうにもならない。「仕方ない。今できることをやるしかない」と自分に言い聞かせました。

4年後のトリノでは、出発する直前の練習中にスケートシューズがスポッと抜けてしまい、刃でアゴを切ってしまいました。縫ったところがつるので、本番前まで上を向けず困りました。そんなときに限って、不思議とまぁまぁの演技ができるんですよね。メダルには届きませんでしたが、2大会とも持っていた力は最大限に出せたと思います。

――世界最高峰の戦いで、村主さんのように実力を十分発揮するのは難しいと思いますが。

村主 あらゆることを想定して準備万端整える。日々の練習しかありません。

――それでも、オリンピックには魔物がいるわけですよね?

村主 私は“魔物”とは捉えずに、“天使”だと思ってずっとやってきました。

――ポジティブに、あらゆることを味方につけるんですね。フィギュアスケートの魅力、おもしろさはどこにありますか?

村主 スポーツでありながら、プログラムを通じてメッセージを伝えることができる。それがフィギュアスケートの一番の魅力だと思います。

リンクに出て、扉をガチャンと閉められたら、あとは一人っきり。隠せない素の自分と言いますか、本当に全部自分が出てしまう。



――作品という要素も多いと思いますが。

村主 そうですね。例えば、私が滑る「白鳥の湖」と違う人が滑るのでは全く違います。私という人間が「白鳥の湖」をどう考えたか、どう感じたかという部分が重要なんです。人間性も出ます。最初のジャンプで失敗するとします。その後、どう立ち上がるか。明るく笑顔で立ち上がるのか、焦ってものスゴイ形相で立ち上がるのか。そこに人となりが出てくる。

――奥が深いですね。

村主 人生の勉強です。

――今回、ソチ五輪のフィギュアでは日本人選手のメダル量産も期待され、人気が高まっていますが、どうお感じになられていますか。

村主 私が始めた頃と比べると、考えられないくらいたくさんの方がフィギュアスケートを見てくださるようになって、とても感謝しています。専門用語や点数の付け方を理解しているようなコアなファンも増えてきています。

――今回のフィギュアの見どころは?

村主 日本は4年前のバンクーバーよりも男女ともレベルが上がり、層も厚くなりました。全員がメダル争いに食い込んでくると思います。また、今回から採用された団体戦も楽しみですね。どの選手を起用するのかも興味深いです。日本はシングルが強いですが、ペアやアイスダンスはロシアやカナダが本当に強い。どう戦っていくかは、気になります。最初に行われる団体戦でいい流れを作ってもらえたらいいですね。

――フィギュアのほかに注目されているのは?

村主 ジャンプの葛西紀明選手。7大会連続五輪出場の41歳。ただただ、頭が下がります。私のように長く競技を続けているアスリートだけでなく、世の中のお父さんたちにも大きな励みになるのではないでしょうか?

――日本を明るくしてくれますね。

村主 そうですね。ベテランになってくると、どうしても回復力が落ちてくるんです。でも、食事や、マッサージなど、工夫次第でやっていけるということを証明してくれました。勉強になったというか、まだまだ私もやれるという気持ちにさせられました。

葛西さんが主将を務める今回の日本選手団。フィギュアスケート、スキージャンプのほかにも、スピードスケート、ショートトラック、カーリング、ノルディック複合など、活躍は大いに期待できますので、みなさんいっしょに応援しましょう。



こちらのレポートもどうぞ!
【ソチ五輪】メダルは誰の手に!? 浅田真央、高橋大輔、高梨沙羅ほか注目選手まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18937 ]
絶景がヤバい! ロシアの世界遺産『バイカル湖』の見どころをまとめてみた [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19480 ]
桑田真澄、激論!"ベッカムはなぜJリーグではなく米MLSでプレーしたのか?"「スポーツビジネス」の裏側に迫る [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19555 ]
知らないと損!マネー術まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16793 ]