写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムは、10代から40代の男女680名を対象に実施した「主要SNS利用実態調査」の結果を公表した。FacebookTwitterLINEのうち、なくなって最も困るSNSを聞いたところ、一番多い回答はLINEだった。

Facebook、Twitter、LINEのうち、なくなったら最も困るSNSを聞いたところ、一番多い回答はLINEで49%だった。特に10代では、約7割(67%)の人がなくなって最も困るSNSはLINEと答えた。

Facebook、Twitter、LINEのうち、利用する際に最も気を遣うSNSを聞いたところ、一番多い回答はFacebookの48.8%だった。年代別で見ると40代が特に多く、59.5%が気を遣うと答えた。一方、10代についてはLINEの39.2%が一番多かった。

Facebook、Twitter、LINEのうち、投稿するネタがないと使いにくいSNSを聞いたところ、一番多い回答はFacebookの37.8%だった。年代別で見ると10代が特にその傾向が強く、58.8%の人がFacebookはネタがないと投稿しづらいと答えた。

本調査は同社のアンケートサービス「Fastask」を利用したもの。調査対象は「Facebook、Twitter、LINEをすべて利用している」と回答した1都は1月22日と23日で、調査方法はセルフ型ネットリサーチ。

(記事提供:AndroWire編集部)