もうすぐソチ五輪開幕!GOW的フィギュア男子メダル大予想

写真拡大

もうすぐ始まるソチ・オリンピック、男子シングルは日本時間2月14日0:00からスタートです。今回は女子に勝るとも劣らない面白い試合になりそうだと話題になっています。勝敗の鍵を握るのはやはり「4回転ジャンプ」。
では、女子に引き続き、男子シングルのメダルを予想してみましょう。

世界が予想する金メダル候補はなんと!

1月31日にロシアのスポーツ紙「Sport Express」が、ソチ・オリンピックのメダル獲得予想を発表しました。この予想で男子フィギュアの金メダルに名前を掲げたのは、なんと王者パトリック・チャンではなく羽生結弦だったのです!

パトリック・チャンといえば、前回のバンクーバーオリンピックで5位入賞から、その後の大会ではほとんど1位を獲得し続けているカナダの絶対王者。「フィギュアスケートのお手本」と称される氷にバターを塗るようなスケーティングとスピード、そしてスピードを乗せきって飛ぶ大きなジャンプは、あまりにもレベルが高く、ソチでは金メダル間違いなしと言われてきました。ところが、昨年12月に行われたグランプリファイナルで、羽生はチャンと真っ向から勝負して勝利したのです。

大本命羽生と、強豪ライバルたち

羽生の強さは、軽く高さのあるジャンプと、男子では珍しい柔軟性を生かした女性的な演技を取り入れつつ、男らしいダイナミックな表現もできること。その両者をうまく取り入れたプログラムでPCS(演技構成点)をぐんぐん上げ、スケーティングの王者パトリック・チャンと同レベルの評価を受けるまでに成長したのです。

このことからも、羽生、パトリック・チャンの二人のメダルはほぼ間違いないと言っていいでしょう。

しかし男子フィギュアは4回転の成功によっても大きく順位が荒れる可能性があります。4回転の申し子と呼ばれ、これまで3度もオリンピックに出場し必ずメダルを獲得しているロシアのエフゲニー・プルシェンコ。怪我が完全に癒えていればメダル争いに絡むことは間違いないでしょう。

怪我からの復帰と言えば日本の高橋大輔ももちろん実力十分。また、カナダのケヴィン・レイノルズも今期怪我で良い結果を出せていないものの、フリープログラムに4回転を3回取り入れすべて成功させる力のある選手です。また、ロシアのスポーツ紙予想では3位に名前を挙げられているスペインのハビエル・フェルナンデスも4回転が得意。これら強豪選手がひしめく男子シングルは、ちょっとしたミスが命取りになることは明らかです。

男子シングルメダル予想は……?

さて、では男子シングル予想はずばり!
金メダル 羽生結弦
銀メダル パトリック・チャン
銅メダル エフゲニー・プルシェンコ

羽生のコーチはあのキム・ヨナを金メダルに導いたブライアン・オーサー。彼の勝負運も手伝って、かなりの高確率で羽生が金メダルと見ています。
パトリック・チャンはメダルの色は変わっても台乗りしないことはあり得ないでしょう。
また、皇帝プルシェンコが台乗りしないところが想像できないことと、ロシアのホームである利点から、このメンバーで予想します。

さて、この予想が当たれば、史上初の日本男女金メダル獲得となるはず!
結果はぜひ自分の目で確かめてくださいね!

Written by 杉本レン
Photo by 蒼い炎 [ 羽生結弦 ]/扶桑社