『世界の果ての通学路』ポスタービジュアル ©2013 - Winds - Ymagis - Herodiade

写真拡大

「通学路」に焦点をあてるドキュメンタリー映画『世界の果ての通学路』が、4月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、地球上の4つの地域の険しい通学風景に密着した作品。ケニアのサバンナを命がけで駆け抜ける子ども、見渡す限り無人のパタゴニア平原を妹と共に馬に乗って通学する子ども、アトラス山脈を越えて寄宿舎を目指すモロッコの女の子たち、幼い弟たちに車椅子を押されながら、舗装されていない道を学校に向かうインドの子どもの姿が、雄大な自然と共に捉えられている。子供たちの学習に対する高いモチベーションと、その意志をサポートする家族の愛情や勇気などを描きながら、人間と学習の本質に迫る。

メガホンをとったのは、12年間にわたってケニアに通ったドキュメンタリー作品『マサイ』でも知られるパスカル・ブリッソン。