ネットで人気急上昇の「ゼミママ」、コトブキヤがフィギュア化に名乗り

写真拡大

最近ネットで大人気の『進研ゼミ』勧誘漫画に登場するお母さんキャラクター、通称「ゼミママ」。漫画家の成家慎一郎さん描くお母さんがあまりに可愛らしかったことから1月末頃からTwitterを中心に一気に人気が爆発。

イラスト投稿サイトではここ数日注目のテーマとして数多くの作品が投稿されるなど、人気は更なる勢いをみせている。

【関連:『進研ゼミ』漫画の「ゼミママ」がネットで人気急上昇―イラストサイトでは2次創作が活性化】


そのあまりの人気に目をつけたフィギュア企画・開発を手がけるコトブキヤが「ゼミママ」関係者へ向けTwitter(@kotobukiyas)を通じラブコールを発信している。

2月4日8時に投稿されたツイートでは、「”進研ゼミの漫画に登場するお母さん”関係者の皆さん」へ宛て「奥様をモデルに商品化を検討している」「連絡して欲しい」といった内容が書かれている。

今ネットで流行中の「ゼミママ」はつい最近話題になったばかり。そのため、商品化の噂などは一切聞こえてこない。
もし今回のフィギュア化が実現するとなると商品化第一号になる可能性が高い。

コトブキヤのツイートを他にも見てみると、ほんの軽いノリで投稿したようだが、投稿されたツイートはわずか2時間で600RTを突破。商品化を支持する人が多いことが伺える。この勢いなら「関係者」の目につくのも時間の問題だろう。

『進研ゼミ』から登場した新ヒロイン「ゼミママ」。今回のフィギュア化は現時点では実現するかどうか不明だが、もしこの勢いで様々な展開がされるとなると……もしかするともしかして、今年一番のヒットコンテンツになる……かもしれない?