六本木ヒルズでスイス・日本国交150周年記念のイベント「スイス・デイズ」

写真拡大

スイスと聞けば、やはりイメージは「アルプスの少女ハイジ」? そんなスイスと日本が国交を樹立して今年で150年というから、まさに手を結んだのは幕末の時代! そこで、両国が「修好通商条約」の調印を行った1864年2月6日を記念して、2月6日(木)から2月9日(日)の間、六本木ヒルズアリーナでは日本・スイス国交樹立150周年の公式開会イベント“SWISSDAYS(スイス・デイズ)”を実施。さらなる友好関係の継続を目的に、今年1年はさまざまな文化行事を行う予定で、今回の「スイス・デイズ」はまさにアニバーサリー・イヤーの幕開けとなるもの。

会場には「フード&ビバレッジコーナー」が広がり、スイスワインをはじめ、ラクレットやアルペンマカロニなど普段あまり食べる機会のないスイスの代表的な料理も味わえるとか。また、アルプホルン奏者で美貌の歌姫・エリアナ・ブルキや、スイスNO.1のイケメン・シンガーソングライターであるバスティアン・ベイカーら、本国で人気のアーティストによるライブも開催。

協賛企業のブースでは、スイスに本社のあるネスレから「ネスカフェ」が特別出店し、コーヒーやスコーンが楽しめると共に、150周年限定パッケージのキットカットも販売。リンツではホットチョコレートなど寒い冬におすすめのドリンクも。

「アート、音楽、フード、スイスのすべてが集結する4日間です。ホルンとロックを組み合わせた新しいジャンルの音楽や、スイス相撲『シュヴィンゲン』、3Dプロジェクションマッピングなどユニークな企画を多数ご用意しておりますので、お気軽に遊びにいらしてください」と、広報担当者さん。

1日を通じて楽しめるプログラムが充実したスイス・デイズ。この機会に、「ハイジ」だけじゃない、新たなスイスに触れてみてはいかが?