●ウェイクアップコール

(画像:「ゴールデンタイム」公式Webサイトより)
(C)竹宮ゆゆこ/KADOKAWA/おまけん

●キャスト
多田万里(ただ ばんり):古川慎
柳澤光央(やなぎさわ みつお):石川界人
加賀香子(かが こうこ):堀江由衣
林田奈々(はやしだ なな):茅野愛衣
佐藤隆哉(さとう たかや):比上孝浩
岡千波(おか ちなみ):木戸衣吹
NANA先輩(ななせんぱい):佐藤聡美

●ストーリー
東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。
●オープニング
前回、海水浴の帰り道、居眠り運転をしていた加賀香子の横で多田万里がブレーキを踏み、一命を取り留めた5人。

自動車はガードレールに衝突したところで全員目を覚ましましたが…。
●交通事故
加賀香子「万里、万里…。」

その結果、車両のバンパーの損傷、ガードレールは損傷。そして、岡千波は軽傷を負いました。交通事故としてみれば結果的な損害は大きくなかったものの、加賀香子自身にとって取り返しのつかない大きな問題となってしまったようです。

警察官「居眠り運転ね。ガードレールの補修費の請求は後で行きますから。君は未成年だからご両親と連絡は取れますか?」

呆然とする加賀香子。そして近くのサービスエリアには加賀香子の父が!

加賀香子「お父さん…。」

父に平手打ちをされる加賀香子。そして泣き崩れますが…。

数日後、岡千波の傷は癒え、交通事故の後始末に加賀香子の父が奔走する事になります。そのため海外旅行も中止となったようです。

それよりも加賀香子と連絡が取れないことが多田万里達の目下の心配事です。
●加賀香子の実家に行く
加賀香子と同乗している4人は、話し合い、それぞれに悩む事になります。

加賀香子はどうやら実家に戻された模様。電話やメール等の連絡も取れないため直接会いに行くことになった多田万里。

加賀香子の父「多田君?」

※加賀香子の父は医者で午前中は診療をしていたようです。

そして、加賀香子の部屋に行くと、

加賀香子「万里。嫌っ、もう誰にも会いたくない!」
●悪夢
加賀香子「私は自分の馬鹿さに参っているの。」

自分で何でも出来ると思っていた彼女、その自信やプライドが全て崩壊したようです。

※大学入学当初の彼女と比較すると良く分かります。

加賀香子「ごめん、ごめんね、ごめんなさい…。もう会わないで!」

多田万里は加賀香子を厳しく問い詰めるも、彼女の心は閉ざしたまま。

多田万里「いつまでも過ぎた事に囚われすぎるなよ!」
加賀香子「万里は過去を全て置いてきたくせに!」

但し、彼女の発言の根拠は彼女自身が見た夢の中の出来事。また交通事故を起こして彼が記憶喪失になったら、彼女は捨てられるという内容だったようですが…。

あまりにも他愛の無い夢(トラウマになるのも分からなくはないですが)に対して、多田万里は彼女を宥めます。ところが、

その現場を加賀香子の父(と猫)が全て目撃する!

加賀香子「そこにうちの父がいるの?」
多田万里「違う!ここには猫しかいない!」
加賀香子の父「万里、ラーメン作って!」

加賀香子の悪夢はまだまだ続くようですが、一先ず最大の峠は越えたようです。

「ゴールデンタイム」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ゴールデンタイム」第15話「海水浴」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第14話「水着比べ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第13話「エア焼きそば」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第12話「加賀香子が足りないもの」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第11話「多田万里、アルバイトをする!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ゴールデンタイム」TVアニメ公式Webサイト