写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月26日、27日に千葉県・幕張メッセで開催される超巨大イベント「ニコニコ超会議3」にて、今年も24系ブルートレイン「ニコニコ超会議号」の運行が決定した。

「ニコニコ超鉄道号」は、2012年「ニコニコ超会議」で初運行され、2013年「ニコニコ超会議2」でも運行、鉄道ファンから好評を集めた鉄道企画。さまざまな寝台特急の廃止が検討されている現在だが、「ニコニコ超会議3」では「大阪-上野」間を24系ブルートレインが前回と同様に運行することとなった。

本企画のプロデュースを務める向谷実氏は、「定期のブルートレインの運行終了が相次ぐ中、超会議号のための車両の確保は、かなり難航していました」と説明しながら、「1月中旬まではあきらめなければならないかも、という状況になったのですが、粘り強く交渉を続け、かつJR東日本、JR西日本の皆さんによる多大なご協力により今年も実現できることとなりました。これで3年連続となりますので、皆様ぜひご参加くださいね」と、無事運行を決めた喜びを伝えている。

24系ブルートレイン「ニコニコ超会議号」の運行は、4月25日19:00〜20:00頃を予定。経路は「大阪発-上野着」で、ツアーの販売価格は3〜4万円前後。「超会議の優先入場権」などの乗車特典が付いており、2月15日からチケットが発売される。詳細は「「ニコニコ超会議3 超ツアー」まで。また、「ニコニコ超会議3」で開催される「向谷実Produce超鉄道縁日」のブースでは、各鉄道会社のグッズも販売される。