あなたは、ど貧乏でピンチになったことがある?

写真拡大

◆あなたは、ど貧乏でピンチになったことがある?

「ごく貧でピンチになったことはない」人が70%以上。大半の働く女子たちは、「毎月計画的にお金を使っている」「困らないよう貯金している」など“堅実”に毎日を過ごしているよう。一方で、「ピンチを経験したことがある」人は、「親や友だちにお金を借りる」人も多かったですが、「毎日同じものを食べ続ける」「歩いて交通費を浮かせる」など体を張る人も多数いました。

[回答者数:187(1年目=8.0%、2年目=5.9%、3年目=10.7%、4年目=11.2%、5年目=11.8%、6年目=9.6%、7年目=8.6%、8年目=9.6%、9年目=11.8%、10年目以上=12.8%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2014年1月にWebアンケート]

そう答えた理由や、あなたのピンチだったど貧乏エピソードを具体的に教えてください。

同じものばかり食べ続けた結果……

給料日前に財布に10円しかなくて、1週間冷蔵庫にある米と魚肉ソーセージで食い繋いだ。結果、3キロ痩せた。(金融・証券/営業職/5年目) 転職活動中、収入がなくお財布がいつも寂しくて、でもお腹は空くので牛乳寒天ばかり食べていたら、結果おなかがゆるくなった……。(機械・精密機器/事務系専門職/9年目) 大学のとき毎日パン屋でバイトして、閉店後に残ったパンやケーキをもらい、朝や昼に食べていた。おかげでコレステロールが高くなり健康診断でひっかかった。(医療・福祉/専門職/7年目) ひとり暮らしをはじめてすぐに派遣切りにあって、すぐに仕事は決まったが、次の会社の最初の給料日までいっさいお金がなく、朝トースト1枚とコーヒーだけでしのいだ。新しい会社の社長がかわいそうに思ったのか、お昼ご飯をしばらくごちそうしてくれた。(機械・精密機器/営業職/10年目以上)

電子マネーを駆使!

車のローン、家賃、携帯、光熱水費の支払いで散々だったお正月があります。もちろん預金高ゼロ! ただでさえお金がかかるのに……。そのときは実家でご飯をすませたり、缶詰ばかり食べたり、クオカードやテレカを売って、なんとかしのぎました。(団体・公益法人・官公庁/事務系専門職/10年目以上) 貯金を定期預金に入れてしまったあと、クレジットカードの引き落としがあり、気がついたら口座残高が1,000円以下になってしまった。日中は銀行へいけず、定期預金の解約もできず、電子マネーをうまく使って次の給料日までしのいだ。(生保・損保/営業職/8年目) Tカードのポイントなどを駆使して乗り切った。(学校・教育関連/秘書・アシスタント職/3年目)

ごく貧の理由はコレ!

バーゲンで服を買いすぎて、給料日までもやしでつないだ。(通信/販売職・サービス系/5年目) スロットにはまってごく貧に。職場でお昼は納豆ご飯。しかもそれを食べてたら、オバチャンが缶詰めなどをよく持ってきては恵んでくれた。(医療・福祉/専門職/9年目) 社内旅行のお金を立て替えたら、一時貯金が底をつきそうになり、クレジットの限度額を超えてしまった。(金属・鉄鋼・化学/事務系専門職/2年目) 給料日までご祝儀貧乏で、米だけで耐えた。(金融・証券/事務系専門職/10年目以上) 就活で内定が出なく、どんどん貯金が減っていった。楽しいと思えることもなく、つらかった。(小売店/クリエイティブ職/7年目)

お金の出入りは計画的に♪

衝動買いをしないし、計画的にお金を使うので困ったことはない。(商社・卸/秘書・アシスタント職/10年目以上) 数カ月生活できる程度は貯金しているので。(商社・卸/技術職/3年目) 家計簿をつけて管理しているから。(金属・鉄鋼・化学/事務系専門職/9年目) 毎月きちんと生活費分、光熱費分は最低限わけているため。(金融・証券/事務系専門職/7年目) 常に余裕を持って貯金をしているので、ピンチになったことはありません。(小売店/秘書・アシスタント職/4年目)

>(次ページ)ランチに誘われないよう早めに席を立つ