今シーズン、W杯で好調な男子ジャンプ日本チームのなかでも、1月のバートミッテルンドルフ(オーストリア)で41歳7カ月のW杯史上最年長優勝を果たした葛西紀明が、ソチでの金メダル争いの一角に食い込んできたといえる。

 続く1月の札幌大会はこれまで優勝したことがない葛西にとっては「鬼門」で、今回も勝利に見放されたものの、「この悔しさをバネに五輪は絶好調で迎える」と金メダル獲得への意欲を口にした。

 W杯個人総合ランク4位の葛西に続くのは、W杯前半戦好調だった竹内拓(13位)だ。竹内は、年明けに肺炎で入院をしていたが、順調に回復しており、筋力を取り戻してくればメダルに手が届く位置にいる。さらに、伊東大貴(16位)もメダル圏内に入る力を持っている。

 現在の世界の勢力図を考えると、日本選手を含めた上位20名は誰が優勝してもおかしくない状況。今シーズンのW杯22戦で、表彰台経験者は実に22名にものぼっている。その中で、これまでの実績を考えると、以下の選手たちがメダル候補として有力だろう。

 今季のW杯総合ランキング2位のカミル・ストッホ(ポーランド)は、昨年2月の世界選手権ラージヒルのチャンピオンであり安定感は抜群。W杯最多勝利記録を「52」まで伸ばしているグレゴア・シュリーレンツァウワー(オーストリア/3位)や、一昨シーズンのW杯総合優勝者で昨季も2位のアンダース・バーダル(ノルウェー/6位)も金メダルを狙える実力者だ。

 また、年末年始のW杯の「ジャンプ週間」(ドイツとオーストリアで4試合が集中開催される大会の総称)では、これまでノーマークだった21歳のトーマス・ダイトハート(オーストリア/9位)が、4試合中2勝をあげて、ソチ五輪のメダル候補に名乗りをあげた。

 ほかに「ジャンプ週間」最終戦のビショフスホーフェン(オーストリア)で2位、1月の札幌で1日目は1位、2日目に2位になり、現在W杯総合ランク1位に立っているペーター・プレビック(スロベニア)も好調を維持している。

 02年ソルトレークシティ五輪と10年バンクーバー五輪で、ノーマルヒルとラージヒルで2冠を達成したシモン・アマン(スイス)もあなどれない存在だ。32歳のベテランは、今季調子が上がらず「今度の五輪はダメだね」と話していたが、「ジャンプ週間」のオーベルストドルフ(ドイツ)で優勝し、W杯総合ランキングで葛西に次ぐ5位まで上がってきている。

 群雄割拠の個人戦を誰が制するのか、まったく予想がつかない。

 一方、日本はラージヒル団体のメダル獲得の可能性も十分にある。葛西を筆頭に竹内、伊東と、個人でトップ10に入る力を持った選手がそろっているだけに、問題は4人目が誰になるかだろう。爆発力がある20歳の清水礼留飛と、今季力をつけてきた31歳の渡瀬雄太のどちらがメンバーに入ってくるか。五輪代表争いの重圧から解放されたふたりが本来の力を発揮すれば、表彰台の真ん中も見えてくる。

 ただ、強力なライバルたちがその前に立ちはだかる。優勝候補筆頭の強豪オーストリアは、シュリーレンツァウワーを柱に、経験豊富なアンドレアス・コフラー(W杯個人総合24位)やウォルフガング・ロイツェル(同25位)もいる。トーマス・モルゲンシュテルン(同10位)はケガで離脱しそうだが、若手のダイトハートがその穴を埋めるだろう。

 また、W杯で安定した強さを発揮しているカミル・ストッフ(2位)のほか、ヤン・ジオブロ(14位)、ピオトール・ジーラ(15位)、マティアス・コト(17位)とランキング上位選手がそろうポーランドも、オーストリアに迫る爆発力を持ったチームだ。

 スロベニアは、現在W杯総合ランク1位のペーター・プレビッツや、11位のロベルト・クラニエッツだけではなく、ヤルネイ・ダミャン(22位)も調子を上げてきている。4番手のユール・テペス(23位)の出来次第で、優勝争いに絡みそうだ。

 他にも、W杯総合ランク7位のアンダース・ビリンガーを筆頭に、ランキング18位以内に4人がいるドイツも、着実に得点を積み上げてきそうなチームだ。

 実力が拮抗しているだけに、ソチ五輪の男子ジャンプは個人も団体も優勝予想はまさに至難の業。接戦になることは必至で、日本がメダルを獲得するためには、竹内と伊東が今シーズン序盤の調子を取り戻すことが絶対条件になるだろう。試合当日、ソチの風の強弱が勝負を分ける大きな要因になると同時に、ミスが出たチームが脱落するという構図になりそうだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi