ちょっと待って! 竹中先生、アベノミクスは本当に間違ってませんね?

写真拡大

消費税対策はもうお済みだろうか。いよいよ今年(2014年)の4月から消費税率が5%から8%に引き上げられる。知らずに損をした、なんてことのないようしっかり準備しておきたいものだ。経済全体でみると、ようやく上向いてきた景気に水を差すのではないかという声もある。増税を直前に控え、暮らしとアベノミクスの今年を占う。

J−CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

既得権の岩盤打ち破ることができるか

『ちょっと待って! 竹中先生、アベノミクスは本当に間違ってませんね?』

安倍首相が経済政策の3本の矢を引っ提げて登場してから1年余、景気回復がいくつかの具体的な数字となって現れるようになった。首相は「景気回復の実感を全国津々浦々にまで届ける」と意気込みを語る。ワニブックスの『ちょっと待って! 竹中先生、アベノミクスは本当に間違ってませんね?』(著・田原総一朗、竹中平蔵、1000円)は、ここまでは順調に来たかにみえるアベノミクスの今後について、産業競争力会議の有力メンバーである竹中平蔵氏にジャーナリストで評論家の田原総一朗氏が斬り込む。

論点は様々あるが、いちばんのポイントは規制緩和だろう。「ドリルの刃」となって、既得権益の岩盤を打ち破ることができなければ失速の恐れもある。小泉純一郎内閣の構造改革を主導した竹中に田原が鋭く迫り、アベノミクスの課題と問題点を探る。

買い物は増税前と増税後のどっちが得か

『年収が低いならマンション(家)は増税後に買いなさい』

消費税が上がると決まったからには、上がる前に大きな買い物を済ませおくのが常識だ。まして、一生に一度のマンション(家)ともなれば、なおのこと。だが、ちょっと待って、というのがディスカヴァー・トゥエンティワンの新書『年収が低いならマンション(家)は増税後に買いなさい』(著・五十嵐明彦、1050円)である。

増税後にと勧めるのは、駆け込み需要の反動で売れ行きが落ちるので値引きが期待できることも理由のひとつだが、消費税はマンション価格のうち土地代にはかからないので増税の影響は思ったほど大きくないかもしれないし、一定の年収以下の人には増税の負担を軽くするための給付金制度もある。年収が低い人がおトクな買い物をするための、そんな耳よりな情報とヒントを授けてくれる。

日米経済戦争の影に消費税あり

『アメリカは日本の消費税を許さない 通貨戦争で読み解く世界経済』

日本の消費税とアメリカの経済との間には意外な因果関係があった。キャロライン・ケネディ駐日米大使の人気に象徴されるように、日本とアメリカは互いに重要な同盟関係にあるが、経済の面ではしばしば深刻な貿易摩擦を起こしてきた。文藝春秋の文春新書『アメリカは日本の消費税を許さない 通貨戦争で読み解く世界経済』(著・岩本沙弓、788円)は、その要因のひとつに日本の消費税があると分析する。

日本を代表する大手の輸出企業が消費増税を歓迎するのはなぜか。アメリカに製品を輸出すると、消費税に相当する額の輸出還付金を受け取ることができるのだ。アメリカはこれを非関税障壁として、消費税増税の動きがあるたびに「報復」を仕掛けてきた――。米公文書館の資料をもとに「日米経済戦争の真相」を明らかにする。