放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は、1月28日開催の第153回委員会で、昨年放送のバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!』」(日本テレビ系)の審議入りを決めた。

同委員会は番組を視聴した上で討論し、番組内の「お尻の中に粉を入れ、他の人に吹きかけるシーン」「お尻でロケット花火を受け止めるシーン」「赤ちゃんに扮した男性のオムツ交換をして局部を露出したシーン」などについて、それぞれ局部は映像加工されているものの、放送基準に照らして問題があるのではないかといった意見が出され、審議入りを決めた。

同番組は大晦日恒例の人気企画で、8年目となった昨年の視聴率は第一部が19.8%、第二部が17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最高を記録していた。

BPOは日本放送協会(NHK)や日本民間放送連盟(民放連)とその加盟会員各社によって出資、組織された任意団体。青少年委員会は2000年に設置されており、視聴者から寄せられた意見や苦情などに基づき、審議することなどを通して、青少年が視聴する放送番組の向上を目指すことを主旨としている。

昨年には、8月放送の「生爆烈お父さん 27時間テレビスペシャル!!」(フジテレビ系)が同委員会で審議入り。番組内でお笑い芸人・加藤浩次がAKB48・渡辺麻友の頭を蹴るなどの演出があったことについて、審議の末「委員会の考え」を公表していた。

【関連記事】
アニメ「妹ちょ」が放送時間変更へ…中高生が視聴できる時間帯に性表現でBPO審議入り
AKB48渡辺麻友の頭蹴り騒動、BPOがフジ「27時間テレビ」を審議対象に
三上博史「明日ママ」質問に無言…質疑応答中止、10分早く打ち切りの厳戒態勢

【関連情報】
日本テレビ『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!』2013年12月31日放送 審議入り - BPO公式サイトのニュース・トピックス