大切な想い手紙で伝えよう……恋人・家族・友達に宛てた「ラブレターコンテスト」開催

写真拡大

 日本製紙連合会主催で、『その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜』が1月23日から2月28日までの期間、特設ウェブサイトを通じ開催されている。

【関連:最近の迷惑メールが「おもしろすぎる」と話題】

『その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜』


 コンテストでは「片思いをしている相手」「恋人・夫や妻へ」「家族」「友達」などへの“大切な伝えたい想い”を綴ったラブレーターを募集。応募作品の中から優秀作品に選ばれた人には豪華賞品がプレゼントされる。

 このコンテストは、2011年から開始され今年で4回目。開催回数が増すごとに応募件数も年々増加。

 昨年優秀作品の一つに選ばれたのは、47歳女性が書いた母から娘に宛てたラブレター。幼い頃からの想い出、そして思春期を迎えた今の娘に向け“たっぷりの愛情”が綴られていた。

『その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜』の昨年優秀作

 主催者はこのコンテストについて「手紙を書く体験を通じて、紙に書いて気持ちを伝えることの良さや効果を再認識してもらいたい」と開催意義を伝えている。

参考・引用:
その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜