2014-01-31 03.08.28 - コピー

写真拡大 (全6枚)

皆さん、こんな都市伝説を聞いたことはないですか?

「スマホや携帯のバッテリーを使い切ってから充電すると、バッテリーの持ちがよくなる」

要は、フルサイクル充電ですね。

放電後、100%充電をする。それを何度か繰り返すことでバッテリーが長持ちするようになるという…。

 

このたび、そのフルサイクル充電を助けてくれるアプリを見つけました。

本アプリを使ってフルサイクル充電を行うことで、バッテリーの持ちが良くなるとか。

「Battery Dr(日-電池 Dr) saver」(無料)

 

実際使ってみたら、バッテリーが以前より長持ちするようになって驚きました!

今までは、フル充電後半日で30%まで減っていたバッテリーが、

丸一日半充電しない状態で、29%も残っていたんです。

 

というわけで、下記、アプリの使い方と実験レポートです。

 

■フルサイクル充電アプリの使い方

1.バッテリー残量が20%未満になったら、本アプリを起動して充電ケーブルを差す

2.100%になるまで充電する

3.充電が完了すると、アラームが鳴る

以上

 

※注:20%以下ではなく、20%未満からスタート。

アプリを起動したら「充電」をタップ。

 

自動的に「フルサイクル充電」が始まります。

 

スマホが充電されている間、しばし仮眠。。

朝目覚めたら、フルサイクル充電が完了していました。

 

「履歴」を見ると、3時8分から始まったフルサイクル充電は、5時14分に終了。

2時間で終わったようです。

 

アプリから、月に一度はフルサイクル充電を行うよう推奨されました。

 

さて、気になるのは――

 

■実験結果:フルサイクル充電後、バッテリーの持ちはよくなったか?

フル充電が完了した金曜朝から日曜午前まで約2日間。

冒頭にも書いたように、フルサイクル充電前に比べ、何倍もパワーアップしていました。

今までは、午後12時にフル充電して出かけても、半日後の夜22時には30%まで減っていたのが、

フル充電してから1日半後まで、電池が持ったのですから。

くどいようですが、丸一日半充電しない状態で、29%も残っているなんて、ミラクルです。

 

 

■結論:フルサイクル充電アプリを使ったら、 本当に長持ちした!

 

★「Battery Dr(日-電池 Dr) saver」(無料)のダウンロードはこちらから↓

【Android版】

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.lepeng.batterydoctor