わかってあげて!オトコが「実は傷ついている」LINEのメッセージ

写真拡大

気軽にコミュニケーションがとれるLINEは、もはや恋愛には必要不可欠なもの。でも、ちょっとしたことで相手を傷つけてしまうのも事実です。

そこで今回は、仕事慣れして恋する余裕の出てきた20代男性に「LINEをしていて傷ついた瞬間」を聞いてみましたよ。

 

■タイミングが悪いと大切なカレを傷つけてしまうかも!?

「予定を聞いたり、デートの誘いをした瞬間……メッセージが来なくなった」(29歳/メーカー)

「誕生日おめでとうと送ったのに、まったく反応がない」(28歳/IT)

「LINEには返信してくれないのに、ブログ更新していた」(28歳/出版)

重要なところで女性から返信がないと、「俺にはチャンスがなさそうだな」と男性は身を引いてしまうそう。うっかり返信のタイミングを逃すと、気になるカレを傷つけてしまう可能性があるので、注意してくださいね。

 

■気のない男性には、はっきり伝えた方がいいかも……。

「話を盛り上げようと思ったのに、相槌ばかり……」(28歳/金融)

「休憩時間はもちろん、夜中になってもメッセージが来ない」(29歳/公務員)

「友達には返信していることが判明したとき」(26歳/商社)

どうやら男性も恋をするとLINEを読み返したり、小まめにスマホをチェックしたりするようです。でも、あなたにその気がないのにキープしておくのはよくありません。カレの気持ちがヒートアップする前に、はっきりと気持ちを伝えておいた方がよいかもしれませんよ。

 

今回の調査では、「連絡は最低限でいい」と強がっていた男性が、意外とLINEでの反応やタイミングを気にしていることが明らかになりました。もし相手に誤解を与えてしまったときは……すぐに電話や直接会って話をしてみて!