砂地からナイスオン!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 3日目◇1日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開催されている、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の3日目。首位と3打差の5位タイから出た松山英樹は4バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。スコアを3つ伸ばしトータル12アンダーの3位タイでホールアウトした。
松山英樹の最新スコアは?「フェニックスOP」リーダーズボード
 首位とは3打差、初優勝が狙える位置で最終日へ。「パッティングが初日、2日目のようにならなきゃ、追いかける立場としては苦しいかな」。この日は後半はショットが切れ3つのバーディを奪取。スコアをしっかりと伸ばしたが取りこぼしもあり逆転優勝へはパットを課題にあげ、ラウンド後は練習グリーンで調整を重ねた。
 「残り4ホール、3ホールくらいで上にいればがっつり狙っていきたいけど、そこまでは崩れないようにやっていきたい」、スタート時点では優勝をあまり意識せず、後半でチャージにかける。「今までと変わらないプレーをしていきたいと思います」、大きなチャンスを前に怪物がどんなプレーをみせてくれるのか。米ツアーでも一番多くのギャラリーを集める大会で松山が躍動する。

【3日目の順位】
1位:バッバ・ワトソン(-15)
2位:ケビン・スタドラー(-13)
3位T:ライアン・ムーア(-12)
3位T:ハリス・イングリッシュ(-12)
3位T:松山英樹(-12)
6位T:ブレンダン・スティール(-11)
6位T:ハンター・メイハン(-11)
6位T:マット・ジョーンズ(-11)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
AKB48のゴルフ担当がALBAのレッスンをお試しかっ!
最新のギア情報&試打レポートをチェック