素早くパワフルに空調できる「JET気流」を搭載(写真は、「RRシリーズ」)

写真拡大

三菱重工業は、家庭用ルームエアコン「ビーバーエアコン」の新シリーズとして、高機能タイプの「RRシリーズ」(6〜14畳向け5機種)と、標準タイプの「TRシリーズ」(6〜18畳向け6機種)を、2014年2月に順次発売する。

空気の汚れや、花粉やカビ・ダニ、ウイルスなどのアレル物質を酵素などの働きで抑制、除菌する「バイオクリア運転」や、大風量で素早い冷・暖房を可能にした、パワフル空調の「JET気流」運転や「ワープ運転」、風量・風向の自動制御で部屋を均一に効率よく空調する「おまかせ気流」運転の、快適運転システムを搭載。「入タイマー」と「切タイマー」を組み合わせた「プログラムタイマー」運転は、一度設定して「運転」すれば、「停止」ボタンを押さない限り、毎日同じ時刻に運転・停止するため、切り忘れの心配をなくした。

RRシリーズには、室内機内部をクリーンに保つ「フィルター自動清掃」機能を搭載。抗菌仕様のダストボックス、ブラシは取り外して水洗いできる簡単構造。約1年に1回のダストボックスの手入れ時期を、本体のフィルター清掃ランプで知らせてくれる。

また、RRシリーズとTRシリーズの6畳向けと8畳向けの室外機を、既存の6畳向けTPシリーズで初めて採用したコンパクト・軽量化タイプにしたことで、設置作業の改善と省スペース化を実現した。

リモコンは大型液晶画面で、より多くの情報を見やすく表示。また、大型ボタンは使用頻度が高い機能だけを絞り込んで液晶画面下部に配置し、残りのボタンはカバーを開けて操作する仕組みを採用した。

オープン価格。