ムービングデーでスコアを伸ばせず優勝が厳しくなったタイガー(撮影:ALBA)

写真拡大

<オメガ・ドバイデザートクラシック 3日目◇1日◇エミレーツGC(7,316ヤード・パー72)>
 欧州男子ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の3日目。予選ラウンドを終えて3アンダー44位タイにつけたタイガー・ウッズ(米国)は4バーディ2ボギーの“70”でラウンド。チャージをかけたいムービングデーにスコアを2つ伸ばすに止まった。
ご意見募集中!「タイガー・ウッズは今年何勝すると思う?」
 この日のウッズは前半から得意のパー5でボギーを先行させる苦しい展開。6番8番でバーディを奪い返したものの、9番で再びボギーを叩き、前半はスコアを伸ばすことができなかった。
 バックナインに入ってからは10番、12番とバーディを奪い、チャージをかけるかに見えたウッズだったが反撃はここまで。残りホールは全てスコアカード通りに数字を並べてムービングデーのプレーを終えた。
 昨日、優勝するには「週末の強風と2つのビッグスコアが必要」と話したウッズだが、この日のチャージは不発。ウッズは「今日は多くのチャンスを無駄にしてしまった」と3日目のラウンドを振り返った。
 先週は得意とするトリーパインズGCで開催された米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランスオープン」で予選落ちを喫するなどらしくないプレーの続くウッズ。最終日こそは“タイガーチャージ”をかけて現地のファンを沸かせたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山、3打差5位タイV圏内に浮上も「内容には満足していない」
大乱調で予選落ちの石川遼「先週から兆候はあった」
レッスンから面白映像まで「ALBAゴルフ動画チャンネル」
ゴルフ好きな美女を紹介する人気コンテンツ「今日の美ゴ女」
最新のギアニュースと試打インプレッションはここから