優待名人・桐谷広人さんが自信満々で選んだ 「食品&飲料」の株主優待ベスト5!

写真拡大

お米や飲料水、肉・魚、お菓子にお酒まで、その気になれば、ありとあらゆる食材が揃えられるほど充実しているのが食品&飲料の株主優待だ。その中から桐谷さんが自信満々で選んだ株主優待とは。桐谷チョイスベスト5を大公開!

<食品&飲料の桐谷格言>
「優待品 賞味期限で泣かぬため お菓子より米 米より缶詰!」

◆どんな物がもらえる?
自社製品が基本だが本社所在地の名産品なども!

 最も社数が多く、また個人投資家の人気が高い株主優待は、食品・飲料だろう。お米や飲料水の優待はよく耳にするが、それ以外にどんなものがあるのだろうか。

 株主優待は、自社製品またはサービスを提供するのが基本。伊藤園(25935)のお茶、丸大食品(2288)のハムはその典型例だ。しかしそれでは面白味がない。通は意外な優待で楽しむ。

 「例えば関係ない商品に見える鉄人化計画(2404)の優待(珈琲セット)は、実は数年前に買収した子会社の商品。また、サンデー(7450)やレシップHD(7213)のように地元に貢献する、という会社も多いです」(桐谷さん)

 優待から会社の動向や背景まで見えてくるのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)