STAP細胞の小保方晴子さん、加熱する報道に対し自粛要請

写真拡大

万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を世界で初めて作り一躍時の人となった小保方晴子さんが、細胞リプログラミング研究ユニットのウェブサイトを通じ、1月31日、報道に対し行き過ぎた取材を自粛するようお願い文を掲載した。

【関連:大手報道、一斉に1年前のニュースを今頃報じる―ブラジル18歳少女の「処女競売」】

報道関係者の皆様へのお願い


「報道関係者の皆様へのお願い」と題された掲載文では、研究発表に関する記者会見以降、小保方さん本人や親族のプライバシーに関わる取材が加熱、さらには真実でない報道により対応に翻弄され研究を遂行することができないという。

またSTAP細胞研究はやっとスタートラインに立てた段階であり、世界に発表したことにより世界との競争も始まったとし、「今こそ更なる発展を目指し研究に集中すべき時」と状況を説明。

報道に対しては「どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。」と状況の理解を求めるお願いをしている。