お金を貯めたい人必見!?財布にまつわる言い伝えを集めてみた
みなさんは、財布にまつわる風習を気にしたことはありますか? 財布には「春に買うとお金がたまりやすい」「折りたたみ財布はお金がたまりにくい」など、いろいろな言い伝えがありますよね。教えて!gooにもこんな相談が寄せられました。

財布にまつわる言い伝え

財布にまつわる俗信が気になっている相談者の問いかけに、多くの回答が集まりました。

■マスコットや色の噂

「カエルのフィギュアを入れていると、お金が帰って来るそうです そういや母が金色の小さいカエルいれてました」(atoritaitiさん)

「噂話というか親に教えられた話ですが。草鞋や草履、靴などの形をした小物(キーホルダー等)を財布につけない。金に足が生えるそうです」(noname#3278さん)

他にも、紙を食べてしまう動物の小物をつけるとお金が出ていく、縁起物を入れるとお金が入ってくる等、さまざまな迷信があるようです。また、財布の色についての噂も寄せられています。

「緑色の財布にするとお金に困らないというのを何かで読んで以来、新調するたびに緑色、もしくは緑色を使っている、あるいは緑色のメノウなどの根付をつけています」(SNAILさん)

「私が知っているのは、赤色の財布は赤字になる=お金が出て行く、です」(noname#3069さん)

「ピンク色:衝動買いをする。 黒色:必要な分だけ入金がある。 青色:借金王になる。白いサイフ:お金が入りやすく、出にくく、さらに尽きることのない金運を持ち主にもたらし続ける財布になる」(whiteholeさん)

迷信かもしれませんが、新しい財布を選ぶ時は、気に入った言い伝えにあやかってみるのも良いかもしれませんね。

■お金の扱い方で金運が変わる?

お金や財布の扱い方に関するお話も寄せられました。

「『お札を上下(天地を)逆さまにして入れるとお金が溜まりやすい』という迷信をよく聞きますよ」(kingyonohireさん)

「財布をお尻のポケットに入れると、偉人を尻に敷くので同じくやめなさいといわれたことがあります。あと、お札は顔と天地を揃えていれる、とか。どれもお札を大切に扱うことで、お金がたまるというよりも、金運が逃げていかないような教えじゃないでしょうか」(noname#169116さん)

財布の選び方や使い方だけでなく、お金そのものの扱いにも配慮することによって、よい運にめぐまれるかもしれませんね。他にもご存じの俗信がありましたら、ぜひ教えて!gooにお寄せください。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)