<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇31日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開催されている、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の2日目。
 この日も初日に引き続き全選手がホールアウトすることなく日没サスペンデッドとなったため順位は暫定ながら、トータル12アンダーまで伸ばしたバッバ・ワトソン(米国)、マット・ジョーンズ(オーストラリア)が首位タイに浮上した。2打差の3位タイにハリス・イングリッシュ(米国)、グレッグ・チャーマース(オーストラリア)、9アンダーの5位タイに松山英樹らがつけている。
 今大会直前で欠場者が出たことにより出場が決まった石川遼は、この日3バーディ・7ボギー・1トリプルボギーの“78”と崩れトータル7オーバーの127位となり予選落ちとなった。なお、この日の競技の続きは明日7時45分から再開される。
【2日目の順位(暫定)】
1位T:マット・ジョーンズ(-12)
1位T:バッバ・ワトソン(-12)
3位T:グレッグ・チャーマース(-10)
3位T:ハリス・イングリッシュ(-10)
5位T:松山英樹(-9)
5位T:パット・ペレス(-9)
5位T:ケビン・スタドラー(-9)
8位T:ウィリアム・マクガート(-8)
8位T:ブラント・スネデカー(-8)
8位T:パトリック・リード(-8)
8位T:スコット・ピアシー(-8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>