<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇31日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開催されている、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の2日目。石川遼は3バーディ・7ボギー・1トリプルボギーの“78”を叩く大乱調となり、トータル7オーバーで予選落ちとなった。
 イーブンパー66位タイでINコースからスタートした石川は、序盤の12番パー3でティショットを大きく曲げてアンプレヤブルとすると、ドロップして放った3打目がグリーン反対側の池に入るなどしてトリプルボギー。その後13番、17番、18番もボギーとして前半だけで7つスコアを落としてしまう。後半は3つのバーディを奪うも、ボギーも3つ叩きトータル7オーバーでホールアウトした。
 今大会は大会前日に欠場者が出たことから滑り込みで出場権が回ってきたが、チャンスを活かすことができなかった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>