<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇31日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開催されている、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の2日目。5アンダー10位タイからスタートした松山英樹は6バーディ・2ボギーの“67”で4つスコアを伸ばしトータル9アンダーでホールアウト。まだ全選手がホールアウトしていないが、首位と3打差に浮上した。
石川遼、松山英樹のリアルタイム速報 フェニックスオープン
 怪物が大観衆を巻き込みながら淡々と確実にスコアを伸ばした。OUTからスタートした松山は3番パー5でバーディを先行させると、5番、6番と連続バーディを奪取。9番でもバーディを奪って前半だけで4つスコアを伸ばして見せる。後半は12番パー3でボギーを叩いたものの直後の13番でバーディを奪い返すと15番パー5もバーディ。最終18番はボギーとしたものの上位をキープした。
 初日イーブンパーの66位と出遅れた石川遼はINから出ると12番でトリプルボギーを叩くなど出だしで5つスコアを落とす大乱調。現在6ホールを終えてトータル5オーバーとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>