価格も品質も安心のSIM

写真拡大

フロンティアファクトリー(東京・新宿区)は2014年1月31日、格安データ通信SIM「GigSky(ギグスカイ) Mini/Micro SIM」「GigSky Nano SIM」を、特設サイト上で発売した。

追加のデータ購入も可能

GigSkyのサイトまたはアプリを通じて、利用する分のデータを購入するプリペイドタイプ。データの価格は渡航先によって異なるが、米国など多くの国では3000円/175MB(有効期限7日間)、4200円/300MB(14日間)、6000円/500MB(30日間)となっている。

最初の1日だけ10MB分無料で利用できる。データの残高がなくなると通信できなくなるが、アプリを通じて追加のデータ購入もできるので安心だ。

14年1月現在、欧米・アジアの主要国など120か国以上をカバーしている。ネットワークは現地の主要通信事業者が提供する。

注意点としては、GSM/W-CDMA方式のみの対応で、CDMA2000方式には対応していないので、SIMロック解除されたNTTドコモ、ソフトバンク、イーモバイルなどの携帯電話では使えるが、auの携帯電話では利用できない。また、データ通信専用なので、通話機能は利用できない。音声通話したい場合は、Skypeなどの通話アプリが必要となる。

SIM自体の価格はいずれも2480円。当面の間、発売記念価格として1480円で販売していて、利用後にレビューを送ることに同意すればさらに安く980円で購入できる。