【仮面ティーチャー】「仮面宣伝マン」″東北″課外授業の成果は? ″追っかけ″レポート【後編】

写真拡大

『劇場版 仮面ティーチャー』のヒット祈願のため、「仮面宣伝マン」が、全国課外授業の旅に出るという。彼は全国で何をしでかそうというのか? そこではどんな出会いがあるのか?彼の活動に興味を抱いたウレぴあ総研では、”追っかけ”を決意。その模様をレポートしていく。

「【仮面ティーチャー】「仮面宣伝マン」"東北"課外授業の成果は? "追っかけ"レポート【前編】」[http://ure.pia.co.jp/articles/-/20464]に続く、”東北”課外授業2日目は伊達政宗ゆかりの地でもある宮城県は仙台市からスタートした。仙台から始まった……。

1月26日(日) 9:45 「MOVIX仙台」に到着

前日の八戸、盛岡で人数こそ少ないものの、熱いファンの方々と触れ合うことができ、確かな手応えを得た仮面宣伝マン。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

 この日も控室で世を忍ぶ仮の姿から変身しながら「今日も昨日ぐらい来てくれればいいね」などとつぶやいていたが、ふと横を見ると、いつの間にか部屋の片隅に全身ピンク色の同士がいるではないか。

そう、彼こそは「MOVIX」の人気キャラクター「ヒッポコブラザーズ」の三男「Pocoポコ」。

そこで彼にも力を貸してもらおうと、「仮面宣伝マンと一緒に劇場ロビーで限定プレゼントをファンの方たちに渡す手伝いをしてもらえない?」といきなり交渉してみたところ、あっさり快諾してくれた。いや〜Pocoはやっぱり優しいね。仮面宣伝マンも大感謝だ。

10:15 1回目の登場

こうして心強い仲間ができた仮面宣伝マンが出陣するときがきた。

といっても、前日もやっているので感触は分かっているし、その姿には余裕すらうかがえる。ところが、だ。ロビーに一歩出てビックリ! 昨日とはまるで様子が違う。

しかも、待ち構えていた彼らが仮面宣伝マンの方にドッと押し寄せてきたのだ。

いや〜その熱気とインパクトは、例えは悪いけれど、恐怖ドラマとか映画で、エレベーターの扉が開いた途端にドワ〜っと入り込んでくるシーンを彷彿とさせるもので(失礼)、これにはさすがの仮面宣伝マンも一瞬のけ反っていた。

だが、次の瞬間にはみんな、所定の位置に向かう仮面宣伝マンの後に従い、ちょっとした一団が行進しているような形に。

人気者のPocoも、さすがにこの日は仮面宣伝マンにその立場を奪われてしまったようだ。

そして仮面宣伝マンが前日と同じようにイベントの説明を書いたスケッチブックを使ってファンの方々に挨拶をしてから、この日の限定プレゼントである『仮面ティーチャー』特製ポケットカレンダーの配布となったわけだが、ここでもファンの方々が仮面宣伝マンに迫る、迫る。

みんな、ちゃんと並んで順番を待ってくれているし、もちろん押したりする人もいない。

みんな嬉しそうで、その後の仮面宣伝マンとの写真撮影も本当に楽しんでいる。

特にここで驚いたのは、美容院に行ってから仮面宣伝マンに会いに来て、その後に彼とデートをするという女の子がいたこと。

さらにKis-My-Ft2世代の女の子だけでなく、小さなお子さんを連れた若いお母さんの姿を見られたのも印象的で、こういう幅広い層の人たちが映画を待っていてくれているのだなと肌で感じることができた。

10:30 控室

戻ってきた仮面宣伝マンはもう汗だく。「いや〜みんな熱いな〜、ありがたいね〜、しかし、あのスペースじゃ近すぎるよ〜(笑)。仙台をなめていた」と、喜びと驚きを隠せないようだ。

10:45 2回目の登場

2回目もほぼ同じ人数が集まってくれて、1回目と同じ熱気を感じることができ、東北最大の都市・仙台の圧倒的なパワーを文字通り体感。

映画が公開したときには、この何十倍もの人たちが劇場に押しかけてくれるんじゃないかな? という期待が膨らんだのは言うまでもない。

11:25 気分をよくして「MOVIX仙台」を出発

次の地に向かう前に八戸、盛岡と同じようにどこか仙台の名所に立ち寄ろうということになり、悩んだ結果、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天Koboスタジアム宮城」に向かう。

昨年日本一になったイーグルスの「勝運」を授かろうというわけだ。

とはいえ、練習中のスタジアムの中には入れない。いや、練習していなくても簡単には入れてもらえない。だが、中に入れなくても、その空気をまとうことはできるはず。仮面宣伝マンはスタジアムをバックにそう思ったのだった。

12:21 東北新幹線「はやて」と「こまち」の連結車輛で一路福島へ

乗車時間はわずか22分。

その間に昼食の「極上《厚切り》牛たん弁当を食す。

ちなみにこの弁当、箱の横の紐を一気に引き抜くと、わずか数秒でご飯も牛たんも熱々になる仕掛けで、蓋をあけた途端に白い湯気と牛たんの美味しそうな香りがあたりに漂う。

だが、ゆっくり味わっている時間はない。ガガガ〜っと駆け込んでいるうちに福島に到着。タクシーで劇場へ向かう。

12:55 「フォーラム福島」に到着

3棟からなるこちらの劇場は6スクリーンあるものの、いわゆるシネコンスタイルではなく、ミニシアターの匂いを感じさせるところ。

今回はその「フォーラム5、6」がある建物のロビーをお借りしたのだが、ドアを開けて中に入ると、そこには、ちょっと前の仙台の衝撃がまる嘘だったかのようなのんびりした時間が流れていた。でも、ここでもすでに熱心なファンが待ってくれていた。

13:30 1回目の登場

最終的に集まってくれたファンはちょうど20人。仙台の7分の1か8分の1の人数だが、これはこれでファンの方の温もりが伝わってくるし、アットホームな感じがして心地いい。

仮面宣伝マンもどこかリラックスしているようで、例によってスケッチブックを使って挨拶し、これからやることの説明をする彼と、それを静かに聞きながら、時折「紙をめくるスピードが速すぎる〜」と言うお客さんの図式が小さな学校の先生と生徒のようにも見えて、なんだか微笑ましい。

ここでの限定プレゼントは、1月11日に東京・赤坂の日枝神社に配布された「謹賀新年」の文字が入った『仮面ティーチャー』の特製ステッカーだ。ところが、それが発表されると「え〜、新作じゃないの〜? それは持っているから新作が欲しい」と言う女性が。え〜っ、なんで持ってるの?

聞けば、1月11日にわざわざ福島から上京して日枝神社で「謹賀新年」バージョンはゲットし、この日はこの日で、娘たちと一緒にひとつ前の「MOVIX仙台」にも遠征したという。
なかなかの強者ファミリーだ。

そこで、通常のプレゼント配布の後に、仙台では集まった人数が多すぎでできなかったジャンケン大会を急遽実施することになった。

最後まで勝ち残った1人は「謹賀新年」の文字が入ったステッカーと入っていないステッカー、我が「ウレぴあ総研」特製の『劇場版 仮面ティーチャー』千社札型ステッカーと仙台で配ったポケットカレンダーの限定プレゼント4点すべてがもらえるのだ。

そのことが告げられると、場内はちょっとどよめいた。

しかも一度目のジャンケンで、なんとこのお母さんと娘のひとりが勝ち残り、最終的にはその娘が勝者となったのだから、すごい。情熱がすべてを凌駕した瞬間を目の当りにした。

14:00 2回目の登場

さっきと同じぐらいの人数が集まっている。っていうか、さっきと同じ人たちではないか。

でも、スタッフから「さっきステッカーをもらった人には上げられません」と言われても不平を言う人はひとりもいない。しら〜っと初めてみたいな顔をしてステッカーをもらっちゃう人がひとりやふたりいそうなものだが、そんな人はひとりもいなかった。

さすが『仮面ティーチャー』のファンの人たちはちゃんとしている。1回目と同じように行ったジャンケン大会も楽しく盛り上がってくれた彼らは、ほかの土地のファンの人たちもそうだと思うが、健気で律儀で、大切なものを失っていない人たちなのだ。

しかも、劇場スタッフもフレンドリーで、仮面ティーチャーと黒の仮面ティーチャーのお面まで用意してくれたから、ファンの人たちはそれを自分の顔の前に持ってきて、仮面宣伝マンと仲よく写真撮影。

最後の女の子が仮面宣伝マンと握手して「うわ〜温っかい」と漏らし、周りの笑いを誘っていたのもいい思い出となった。

ところで、さっきの強者お母さんがぼそっと教えてくれるまで気づかなかったが、ここ福島では『仮面ティーチャー』のドラマは放送されていない。

なのに、いや、だからこそ集まってくれたのだ! と思うと感慨もひとしおだ。

最後、会場を後にした仮面宣伝マンを一瞬追いかけようとして、自らの意思でその逸る気持ちを抑えていたのも健気でいいな〜と思った次第。

15:15 「フォーラム福島」を出発

 

15:25 曽根田天満宮へ

今回の東北宣伝の旅はこれでとりあえず終了となったわけだが、仮面宣伝マンには東北でまだ行かなければいけないところがあった。

それは、「フォーラム福島」のすぐ側の「曽根田天満宮」。

学業の神様として知られる「菅原道真公」を祭神とするここは、「北野天満宮」(京都)、「播州曽根崎天満宮(曽根天満宮)」(兵庫)とともに「日本三大天神」のひとつと言われている(異説もある)合格祈願社。

しかも、道真公は無実の罪で大宰府に左遷される際、三つ子の「松王丸」「梅王丸」「桜丸」に自作の仮面を残し、その仮面のひとつが奉納されているのが「曽根田天満宮」というのだ。

仮面宣伝マンと“仮面”を祀った「曽根田天満宮」。「フォーラム福島」のすぐ側にこんなお社があったなんて、何かの縁かも知れないし、同じ“仮面”を司る者としてはその“力”をぜひとも授かりたい。

そんなわけで、仮面宣伝マンはここを訪れて、しっかり祈願し、お札もいただいた。

これで合格間違いなし! あっ間違えた。

『劇場版 仮面ティーチャー』の大ヒット間違いなし!

そんな確信を胸に、東北の地を後にした仮面宣伝マン。だが、彼の全国宣伝の旅はまだ始まったばかりだ。次は関東近郊での大仕事の数々が待っている!

こちらのレポートもどうぞ!
【仮面ティーチャー】「仮面宣伝マン」"東北"課外授業の成果は? "追っかけ"レポート【前編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20464 ]
『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20379 ]
【仮面ティーチャー】Kis-My-Ft2藤ヶ谷の意外な一面が明らかに! 完成披露プレミア上映会も大成功 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20371 ]
ラクして確実にやせる!ダイエット法まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17002 ]