2010年バンクーバー五輪では、長島圭一郎が銀、加藤条治が銅を獲得したスピードスケート500m。今回のソチでは、男女ともにメダルの期待がかかっている。

 とくに男子は、今季のW杯で、前回五輪銀の長島が2勝をあげており、銅の加藤も1勝と、ともに悲願の金メダル獲得に照準を合わせてきている。

 加藤は、バンクーバー後は試合へのピーキング方法をいろいろと試し、昨季はW杯総合2位、世界距離別選手権500mで2位という結果を残した。そして今季、W杯前半戦を終えてソチ代表の内定を決めた加藤は、昨年12月の五輪代表選考会(全日本選手権)で、ソチを想定してレースに臨んだという。結果は、1本目34秒91、2本目34秒87と、ただひとり34秒台を揃えての優勝。3回目の五輪を前に手応えをつかんだ。その後の練習では自らの武器であるコーナーの滑りをさらに進化させ、金メダルへの思いをさらに強くしている。

 一方の長島は、バンクーバー後はケガもあって順調とはいえない状態だったが、今季W杯2勝で復調ぶりを示すと、そこからさらなる挑戦をした。五輪代表選考会はあまり調整をしないで臨んだため2位だったが、五輪前最後の大会となる1月の世界スプリント選手権(長野)では、「さらに速くなるために」(長島)ブレードの曲がりなどを微調整して臨んだ。

 そして、数日前の練習で転倒して背中に痛みがあった影響もあり、初日の500mこそ35秒44で8位だったが、コンディションを「W杯で勝てていた頃の状態に戻せた」という2日目は、35秒28で2位にジャンプアップしてみせた。

 長島本人は「微調整して結果を出せないのは自分に力がないから」と話していたが、彼を指導する今村俊明監督は「スケートの調整を変えたばかりでも、1位と0秒16差にするあたりはさすが」と長島の底力を認める。

 加藤、長島のふたりとも、金メダル獲得の可能性は十分にある。ただ、今季の男子500mは大混戦で、1位になる可能性もあれば、6位になってしまうこともあり得る。なにしろ、昨年12月までのW杯8レースを終えた時点で、優勝者は長島と加藤を含めて7人もいるのだ。

 その中で、もっとも安定した力を見せているのが、バンクーバー王者のム・テボン(韓国)だ。W杯4戦目であるベルリン大会の第2レースで優勝したほか、2位4回、3位1回と五輪連覇へ意気込んでいる。

 ほかに、今季のW杯総合ランキング2位のミヘル・ムルダー(オランダ)も、金メダルの有力候補といえる。北米の高速リンクで行なわれた2大会では3位が最高だったが、第4戦のベルリンで優勝と3位表彰台。さらに1月の世界スプリントでも500mは初日に34秒86を出し、2日目も35秒12のトップタイムで連勝した。

 長島と加藤はこのふたりに次いでW杯ランキング3位と4位にいるが、5位には6レースに出場して優勝1回を含め4度表彰台に上がったミヘルの双子の弟・ロナルドがいる。また、W杯アルマイト大会(カザフスタン)で1位と3位になったアーチョム・クズネチョワ(ロシア)も虎視眈々と上位をうかがっている。

 W杯開幕戦のカルガリー大会(カナダ)で優勝したタッカー・フレデリクス(アメリカ)は、その後5位が最高と調子を落しているため、金メダル獲得は、加藤、長島、ム・テボン、ムルダー兄弟、クズネチョワの6人の争いとなりそうだ。

 一方女子は、W杯開幕戦4位でシーズンをスタートした小平奈緒がメダルの有力候補。小平は、各大会で1000mや1500mにも出場する厳しいスケジュールの中、第3大会初日に500mで3位になっている。

 1月の世界スプリントでは「この時期が唯一体を休められるので」と練習量を落とした状態で出場したため、総合5位に止まったが、そこからもう一度練習の量と質を上げて体づくりをしており、十分メダル争いに加われる位置にいる。

 女子500mでは、バンクーバー五輪女王で昨シーズン世界記録保持者になった李相花(韓国)が、今季は開幕2戦で3度も世界記録を塗り替えていき、36秒36というとんでもないタイムを出した。その後も、李は今季のW杯7レースすべてで優勝と、怪物的な力を発揮している。巧みなコーナリング技術でどんなトラックでも強さを見せつけているだけに、李がダントツの金メダル候補だろう。

 それを追う第2グループに小平も加わっているが、世界スプリントで総合優勝を果たした干静(中国)が、500mでただひとり37秒台を連発。しかも12年に李が出した37秒60のリンクレコードに迫る37秒67と37秒72というハイレベルな記録だった。彼女は李の前の世界記録保持者だが、昨年右膝に負傷を負って今季のW杯総合は14位。それがいきなりメダル候補に飛び出しただけではなく、トップをうかがう勢いを見せている。

 さらに、世界スプリント総合2位のオルガ・ファトクリナ(ロシア)、3位のヘザー・リチャードソン(アメリカ)もW杯で実績を残しておりあなどれない。ほかに、バンクーバー2位のジェニー・ウルフ(ドイツ)と3位の王北星(中国)もメダルに絡んでくる実力を持っている。

 現状は、李の金メダル獲得の確率が高く、2位以下は予想の難しい大混戦といえる。小平はまずその第2グループから抜け出すことを目標にしているが、「打倒・李」も心の中に秘めている。レース当日に誰が絶好調で臨むか。メダル争いはそれが最大のカギになりそうだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi