日の出とともにスタートする(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇30日◇TPCスコッツデール(7,216ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の初日は日没により全選手がホールアウトできずサスペンデッドとなった。大会前日に欠場者が出たことから繰り上がりで出場が決まった石川遼は、6バーディ・2ボギー・2ダブルボギーの“71”で回りイーブンパーの暫定65位タイとやや出遅れた。
遼、松山のスコア速報も!「フェニックスOP」リーダーズボード
 石川は1番からスタートすると2番でボギーが先行。その後3連続バーディなどで盛り返すも、その後2つのダブルボギーなどでスコアを落とし出入りの激しいゴルフでバーディ合戦からやや遅れをとる形となった。
 この日を振り返って石川は「練習ラウンドからあんまり合っている感じはなかった。本番になって合えばいいなと思いましたけど。今週はちょっと距離感が合っていないなと言う感じがあります」とショットの不調にコメント。
 予選カットラインとの戦いとなる2日目に向けては「自分的にはゴルフは悪くないと思う。明日どこまで合わせられるかにかかっている。コースに出て良いプレーになってくれるといいなと思います。それまでに自分のやるべきことをやる、という感じですね」とやや悔しさもにじませながら語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
あなたのベストゴルフマンガはなに?
美人ゴルファーたちを紹介する「今日の美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック