薬物使用の米市長 Jビーバー擁護

ざっくり言うと

  • カナダのトロント市長が、相次いで警察沙汰を起こしたJ・ビーバーを擁護
  • 「彼はまだ若い。自分が19歳だったころを思い返してみればいい」と話した
  • J・ビーバーは同国出身の歌手で、この1週間で2度の事件を起こした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング