『山賊の娘ローニャ』 ©NHK・NEP・Dwango, licensed by Saltkrakan AB, The Astrid Lindgren Company

写真拡大

宮崎吾朗監督によるテレビアニメ『山賊の娘ローニャ』が、2014年秋からNHK BSプレミアムで放送されることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】



映画『ゲド戦記』『コクリコ坂から』などを手掛けた宮崎吾朗監督。テレビアニメ初挑戦となる同作は、『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』などで知られるスウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの作品をもとにした作品だ。古城に暮らす山賊マッティスの娘・ローニャが森の中で出会う不思議な生き物たちや、少年ビルクとの運命的な出会いを通じて、少女の成長や親子の愛情などが描かれる。

シリーズ構成は数々のアニメ作品を手掛けてきた脚本家・小説家の川崎ヒロユキ、アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが担当。NHKエンタープライズが制作し、スタジオジブリは制作協力で参加している。