ヘッドを約3秒間浮かせると運転をいったん停止する「節電アイドリング機能」を搭載

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、サイクロン式クリーナーの新製品として、1台でスティック、ハンディ、ショルダーに対応するコードレスタイプの「TORNEO V cordless VC‐CL100」を、2014年2月1日に発売する。

独自の遠心分離サイクロン「バーティカルトルネードシステム」と、新たに開発した「高効率ブラシレスモーター」によって、吸引力を99%以上持続して、微細なゴミも99%以上分離する。

新開発の「軽量パワーヘッド」とカーボン素材を採用した延長管を採用して、標準質量を2.3キログラムに抑えた。ヘッドと延長管を外したハンディタイプ時の質量でも約1.8キログラムの軽さ。

リチウムイオン電池の採用で、標準モードで約20分、強モードで約8分の連続運転を実現。約2100回の使用を可能にした。電池の消耗を抑えるため、約3秒間ヘッドを浮かせると運転をいったん停止する省電力設計の「節電アイドリング機能」も搭載した。

色は、グランレッドとターコイズブルー、グランホワイト。

オープン価格。