「九転十起 事業の鬼・浅野総一郎」

写真拡大

日本を覆う閉塞感を打破するのは、政府ではなく、あくまで民の力だ。そのあたりまえの認識が、この20年の低迷の教訓からやっと一般にも浸透してきたようにみえる。ただし、ユニクロのようなオーナー企業を除けば、元気のある日本の大企業はそれほど多くはない。特に、ソニーやパナソニックなど日本を代表する大手の電器産業は、この時期、過去の成功体験から脱することができず、大いなる苦戦を強いられた。そのあたりを描いた代表的なものとして、「さよなら 僕らのソニー」(立石泰則著 文春新書 2012年)や「松下幸之助が泣いている 日本の家電、復活の条件」(岩谷英昭著 朝日新書 2012年)があげられる。

鎖国からグローバル化に直面した明治の企業家たちの手腕と発想を振り返るのも、有意義だ。中央公論新社の歴史に残る企画「シリーズ 日本の近代」の1冊である宮本又郎著「企業家たちの挑戦」(中公文庫 2013年、単行本 1999年)は、「経済戦略における人間の持つ戦略的重要性を再認識する」ことの重要性を指摘する。

京浜工業地帯の基礎築く

同書で「旺盛な企業家精神を瞠目」された浅野総一郎の生き様を活写したのが、「九転十起」(出町譲著 幻冬舎 2013年11月)。副題「事業の鬼・浅野総一郎」である。富山から夜逃げ同然に上京した総一郎は、サクという働き者の妻を得て、猛烈に働いた。夜逃げ前、故郷の恩人に「七転び八起きで足りんなら、八転び九起き、九転び十起きでもしたらいいわ。大事なのは起き上がることだ」と言われて奮起した逸話が本の題名となっている。

彼を認めた渋沢栄一の紹介で、不採算だった官営のセメント工場を取得、その立直しに成功し、その実績をもとに、炭鉱、製鉄、港湾、海運、造船事業に進出した。戦前を代表する銀行家安田善次郎の援助を受け、京浜工業地帯の基礎となる鶴見・川崎地区の一大埋立事業を行ったことは特筆される事績とされる。

浅野や安田は同時代では世間の評判はよくなかったという。安田は暗殺にあっている。皮肉にも、戦後の成功の中で、日本の企業家は、スマートになり、「官僚化」が進んだ。出町氏がエピローグで指摘するように、企業利益だけでなく社会的な利益もあわせて追求しようとした明治期の企業家のがむしゃらさを復活させてほしいものだ。

エネルギー問題は時代問わず日本の生命線

また、出町氏の著作によれば、浅野総一郎は、終生、エネルギーに関心をもっていた。エネルギー問題は、日本の生命線だ。太平洋戦争も米国の石油禁輸が最終的なきっかけとなったことが想起される。この問題に大きな一石を投じたのは、小泉元総理だ。「小泉純一郎の『原発ゼロ』」(山田孝男著 毎日新聞社 2013年12月)は、元総理の言葉を最初に伝えた、「にわか脱原発派」の毎日新聞の名コラムニストがその事情を明らかにした話題の1冊だ。日本記者クラブの講演後に、演者恒例の揮毫で「百考は一行にしかず」(百考えても一つの行動には及ばない)とした。いずれにしても、原発を含むエネルギー問題は、国家の総力をあげて取り組むべきものであることは疑いのないところだ。

中央が「小泉新劇場政治」に沸く中、福島原発の避難者は精神的にも苦しい日常を生きている。その実情に社会学者が丹念に寄り添ったのが、「人間なき復興―原発避難と国民の『不理解』をめぐって」(山下祐介ほか著 明石書店 2013年11月)だ。小泉元総理の問題提起が、この「不理解」を国民に広く知らしめる契機となるか、注目していきたい。

経済官庁(課長級、出向中) AK