Twitter無断転載で炎上の『アホ男子かるた』―出版社が発売無期延期を発表

写真拡大

 Twitterの人気ハッシュタグ「#アホ男子母死亡かるた」を投稿者に無断で転載し問題となっていた、甘井ネコさん著の『アホ男子かるた』を、出版社のユーメイドが2月3日の発売を無期延期にすると1月30日公式サイトを通じ発表した。

【関連:他人のツイートを無断使用し本を出版?―人気ハッシュタグの投稿めぐり騒動勃発】

アホ男子かるた


 「#アホ男子母死亡かるた」は、2012年10月、Twitter一般ユーザーの発案によりスタート。息子を持つ母の悲哀をかるたの五十音順で表現するという手法が受け、当時多くの人が参加、そしてテレビでも注目されるほどの話題となった。

 その人気に目をつけたユーメイド社が、当時イラスト付きでそれに投稿していた甘井ネコさんに本の出版をもちかけ『アホ男子かるた』の出版が決定。
 その際、甘井さんには著作権などの問題に対し「書籍化に際し、出版社さんのサイドで、Twitter社さん等の許可などはクリアされているという事で、このお話を受けた次第です。」(参考:甘井ネコさんTwitter @amaineko3/1月27日13時26分投稿)と説明していたという。

 ところが『アホ男子かるた』の出版が認知されるや、本書でツイートが採用されている人達には一切許可を得ていなかったことが判明。
甘井さんのTwitterや、書籍PRのために設けられたTwitterハッシュタグ「#アホ男子かるた」はちょっとした炎上を見せていた。

 そうした騒動をうけ、1月30日、ユーメイドから今回の「発売無期延期」が発表されたわけだが、今回出版に至った判断基準としてお詫び文では「関係各所に問い合せた結果、ブロードキャストでのツイート利用に関するガイドラインに準拠した形での利用は問題ないとの判断に至った」と根拠が示された。

 ところが、肝心のページを確認すると、Twitter社が認識するブロードキャストとして主に「放送」に関するものが紹介されていた。

▼Twitter「ブロードキャストでのツイート利用に関するガイドライン
https://support.twitter.com/articles/277644-#

▼Twitterにおける「ブロードキャスト」とは

 ブロードキャストには以下を含みますが、この限りではありません。メディアが提供する(全ての形態のテレビ、ラジオ、衛星放送、インターネットプロトコル、ビデオ、専用の無線ネットワーク、インターネット販売など)全てのツイートの展示、配布、放送、複製(再生)、公共パフォーマンス、その他一般に公開されるものです。これは既存のもの、現在開発中のものを問いません。
(引用ここまで)

 ちなみに「ブロードキャスト= broadcast」を辞書で調べると「放送」「放映」「番組」などを意味する。

 さらに、「以下の場合、すべてのケースにおいて、オリジナルのコンテンツ作成者の許可なしにTwitterのコンテンツを使用することはできません。」という項目では、「製品、またはサービスの保証」と、製品の場合にはコンテンツ作成者に許可を取って欲しいという説明もきちんと設けられている。
(「コンテンツ」という言葉の定義について、Twitter利用規約4では「当社は、本サービスを介して投稿されるコンテンツ」とされているため、本文中では「コンテンツ=ツイート・画像」という認識でいます。)

 今回の出版判断についてユーメイド側はこのTwitterのガイドラインに準拠したとしているが、放送と出版ではかなり意味合いがことなる。

 最後に今回のお詫び文で筆者個人として指摘したいことがある。
ユーメイド社はお詫び文の中で、投稿者への個別連絡をしなかった理由について、「事前にツイッター投稿者の皆様へ個別にご連絡をさせていただくことも検討いたしましたが、ツイッターの特性上、個別にご連絡を差し上げることが非常に困難であり、現実的ではないとの判断により」と説明しているが、例えば当媒体のようなWebニュースサイトの場合、著名人や事件性があるものは別として一般の方のツイートを記事として採用する場合必ず事前許可をとるのが通例。

 筆者も許可申請を度々することがあるが、その際同じネタを掴んだ他社(テレビ、新聞、Webニュース等)らもちゃんと許可申請している姿を目にする。

 そのため、「ツイッターの特性上個別に連絡することが困難」というのは苦しい言い訳にすぎないということ一言添えておきたい。