お尻に激痛、原因は60年前の注射

ざっくり言うと

  • 中国の84歳の女性がお尻に刺さった注射針を取り出す手術を受けた
  • 針は60年間も刺さったままだったといい、最近激痛が走るようになったという
  • 医療活動をする夫が女性のお尻に注射した際、折れて残ったものだとか

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング