身の回りの景気、今後どうなる? 『年末年始の全国の一般消費者の消費について』マクロミル調べ

写真拡大

株式会社マクロミルは、2013〜2014年にかけた『年末年始の全国の一般消費者の消費について』分析し、結果を発表した。データ分析は、毎週定点観測を行っている「MACROMILL WEEKLY INDEX(マクロミル定点観測調査)」のデータから行った。調査対象はマクロミルモニタ会員の全国の20〜69歳男女、有効回答数1,000名。

例年消費金額が年間を通じて最も高くなるという年末年始(12月最終週〜1月2週までの3週間)の個人消費金額について調べたところ、今回の調査では、前年と比較して約2,800円増加の62,300円だった。

“今後2〜3か月先の身の回りの景気についてどう思うか”を「よくなると思う」を100として点数を与えたときの平均値「今後2〜3ヶ月先の景況感指数」の動向は、消費増税発表の10月初旬に下降。その後ゆるやかに上昇したものの、2014年年明け後に、再び下降した。

12月最終週の「今後2〜3ヶ月先の景況感指数」を性別・年代別にみてみると、性別についてはあまり差異がなかった。年代別では、他の年代に比べて「20代」が、景気に対する期待感が強いことが分かった。