「キタノクラシック」開催!?タレントのビートたけしがRYOMA GOLFの記者発表に登場し、将来のゴルフトーナメント主催という大きな夢を語った。
「G-VOICE」貴方のご意見、お待ちしてます!
 たけしは自身の番組でRYOMA GOLFのクラブを使って飛距離アップに成功したことから、同社のイメージキャラクターに就任。3月下旬からはたけしを前面に押し出したプロモーションが展開される。
 その記者発表でたけしは「RYOMAにはもっと大きくなってもらって、いつかはボブ・ホープみたいな大会を日本ツアーでやりたい。アマチュアはいいけど、今日本のプロはトーナメントも減っているし、元気がないからな」とコメント。アメリカのコメディアンであるボブ・ホープが主催した「ボブ・ホープ・クラシック(現在はヒューマナ・チャレンジ)」のような、自身の名前を冠した大会開催プランをぶち上げた。
 もちろんまだ現実的な話にはなっていないが、長嶋茂雄氏が大会名誉会長を務める「セガサミーカップ」のような例もあるだけに、現在ゴルフ熱の高まっているたけしがゴルフ界に進出する可能性もありそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロのパーティウエアを追加!「写真館」
美人ゴルファーたちを紹介する「今日の美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック