「鉄道ホビートレイン」イメージ図

写真拡大

JR四国は2014年3月15日、予土線の全線開通40周年と宇和島〜近永間開通100周年に合わせて、国鉄時代に四国向けに製造された気動車キハ32形の車両外観を、0系新幹線をイメージしたデザインに改造した「鉄道ホビートレイン」の運行を始める。

青色基調のミュージアムをイメージした内装

内装も0系のイメージカラーである青色が基調。車内はミュージアムのように鉄道模型を展示するショーケースを各所に配置した。記念撮影などができるように0系と同じ転換座席も一部に用意する。

窪川方の運転席側ドア付近の半円筒状ショーケースには、過去〜現在の新幹線の先頭車を5両程度、宇和島方の運転席側ドア付近の大型ショーケースは、定期的に展示内容を更新し、運行開始の際には四国にちなんだ車両を中心に展示する。また、ロングシート後方の窓間には小型のショーケースを設置し、こちらにも四国にちなんだ車両を展示する。

運行開始の3月15日にはJR宇和島駅で、13時10分発近永駅行き(4822D)の発車に合わせて出発式典が行われる。