27日放送の日本テレビ系バラエティ「有吉ゼミ」で、歌手の八反安未果が現在の仕事など近況を明かした。

八反は、1999年に発売したシングル「SHOOTING STAR」がオリコン週間チャート10位を記録し、同年の第41回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞している。「有吉ゼミ」では「あの人は今…食えているのか?」と題し、過去にブレイクしたタレントの現在の収入を紹介していった。様々なアイドルや芸人が紹介される中、八反が登場した。

八反は「SHOOTING STAR」以降、大きなヒットに恵まれず、音楽活動を休止。その後、自分探しのために訪れたハワイで「マラサダ」という揚げドーナツに出会ったのだという。帰国後、マラサダを提供するハワイアンカフェ「naninani」をオープンしたところ繁盛したのだ。

八反は自ら店頭に立ち、1日2500個のマラサダを売り上げることもあるのだとか。番組スタッフから「食えてるのか」と聞かれると、八反は「はい、食えています」と笑顔で答えた。

八反が代表取締役社長を務める株式会社オセアンフーズは、資本金4000万円で、ハワイアンカフェ「naninani」の運営のほか、まぐろの輸入・加工・販売する「マグロ事業」など、多角的な事業を展開している。

年商は、経営4年目にして、8000万円だという。スタジオでも「すごい」と驚きの声があがった。さらに放送後の八反のブログでは「私は歌やめてないので転職ではないですw 歌もお店も本業です」と書かれており、ラジオでレギュラー番組を持つなど芸能活動も続けているようだ。

八反のほかにも、タレントが起業をして成功を収める例は少なくない。元19(ジューク)の岡平健治は、株などで貯めた資金で自社ビルを建て、音楽スタジオやバーを経営。また、千秋は子供服ブランドなどを立ち上げ、年商50億円を記録している。さらに、浜田ブリトニーは、企業のPR漫画を制作する会社を立ち上げ、月収300万円を稼いでいるという。

トークや歌で人の心を一瞬で掴まなければならないタレントが、事業家としてもその能力をうまく発揮し、成功を手にしていることは想像に難くないだろう。

【関連記事】
千秋、副業で苦悩 「優秀じゃない従業員をどう扱う?」
元ホームレスから月収300万円の社長へ ギャル漫画家・浜田ブリトニーの「マヂパネェ」手腕
人気デュオ19(ジューク)の岡平、自社ビルを建てるまでに成功していた

【関連情報】
八反安未果 オフィシャルブログ Powered by Ameba
まぐろの輸入・加工・販売・飲食店経営・洋菓子の製造・販売『オセアンフーズ』