米ツアー本格参戦2シーズン目の石川遼。昨季(2013年1月〜9月※)は、出場1試合目から3戦連続で予選落ちを喫したが、今季(2013−2014年シーズン)は、開幕戦のフライズドットコムオープン(2013年10月10日〜13日/カリフォルニア州)で21位タイ、続く第2戦のシュライナーズホスピタルオープン(2013年10月17日〜20日/ネバダ州)では2位タイという好結果を残し、上々のスタートを切った。

※米ツアーはこれまで年明けの1月からシーズンが開幕していたが、今季(2013−2014年シーズン)から2013年10月に新シーズンがスタート(2014年9月まで)。ひとシーズンが年をまたぐことになった。

 年が明けても、石川は安定したプレイを披露。年末年始のオフ明けで「試合勘が鈍っていた」というソニーオープン(1月9日〜12日/ハワイ州)こそ予選落ちに終わったものの、翌週のヒュマナチャレンジ(1月16日〜19日/カリフォルニア州)で25位タイと奮闘すると、1月23日から(26日まで)行なわれたファーマーズインシュランスオープン(カリフォルニア州)では、首位(9アンダー)と2打差の7位タイでフィニッシュ。優勝争いに加わって、今季2度目のトップ10入りを果たした。

「最終日はドライバーショットがフェアウェーをとらえられず、難しいセカンド、サードショットが多くなってしまった。その分、耐えて、耐えて、というラウンドになりました。そうした内容になってしまったのは悔しいけれども、ミスを最小限に抑えて結果を残せたのは良かった。2戦目(シュライナーズホスピタルオープン)で2位になったときと比べても、感覚的な違いがあります。あのときはトップとかなり差があった(6打差)けど、今回は首位とは2打差。優勝した選手(スコット・ストーリングスとは最終日同組でラウンド)もすぐそばにいたし、自分もいい内容でプレイできたら(優勝できる)......、というものを感じられました」

 試合前、「ショットに関しては、まあ、なんとか(やれている)という感じ。自分としては、しっくりきているという、調子ではない」と語っていた石川。決して万全な状態だったわけではない。

「こうすれば、もっといいショットができる、という要素があります。でも、(スイングの)タイミングは合っているな、という感じで、ボールはあまり曲がっていない。先週(ヒュマナチャレンジ)も、このショットで戦えた。だから今はあまり焦らず、まずは予選突破を目指して、ポイント(シード獲得のために重要なフェデックスポイント)を重ねていくことを大事にしたい」

 昨季までの石川は、「調子がいい」と自らに言い聞かせるようにして、試合前から気負ってプレイで空回りすることが多かった。それが今や、自分自身の実力や現状を的確にとらえて、身の丈に合った目標設定を口にするようになった。加えて今季は、内面的な余裕が感じられるようになった。それこそ、米ツアーを1年間戦ってきた経験からくるものなのだろう。ゆえに、多少のミスがあっても動じることなく、大崩れすることがなくなった。

 距離があって、難易度の高いサウスコースを回った初日もそうだった。10番スタートでいきなりバーディーを奪うも、11番パー3ではティーショットを大きく右に外してダブルボギー。13番、14番でも連続ボギーとし、序盤で3つもスコアを落としながら、石川は慌てることがなかった。

「先週よりもコースが難しくて、そのギャップから(序盤は)あまり流れは良くなかった。でも、11番から15番まで難しいホールが続くことはわかっていました。だから、焦るようなことはありませんでした。それに(連続ボギーのあとの)15番で、下りのスライスラインの(バーディー)パットを決められた。あそこで2オーバー。『まだ始まったばかり。パープレーまで戻そう』という気持ちでプレイしました。それで、結果的にバーディーもとれて、イーブンで回れた。初日に難しいコースでいいプレイができて、安心しています」

 さらに、サウスコースで行なわれた決勝ラウンドの3日目。出足の4ホールで3つのボギーを叩きながら、5番パー4でバーディーを奪って勢いに乗ると、一気にスコアを伸ばしてトップと3打差の6位タイまで浮上した。

「2日目に回ったノースコースとグリーンのコンディションが違って、(パッティングの)タッチを合わせるのに時間がかかりました。ただ、決められなかったパットも自分ではいいパットを打っているつもりだった。だから、5番のバーディーパットも自信を持って打つことができた。それが入って、(プレイの出来自体は)大丈夫だと思いました。もちろん、序盤にスコアを3つ落としたことで、気持ちは引きずっていました。でも、無理に気持ちを切り替えようとはしなかった。いろいろな人にアドバイスされるけど、そう簡単に(気持ちを)切り替えられるものじゃない。あまり自分をだますのもよくないし、悪いときは落ち込めばいい。それで、実際にちょっと悪い流れの中でも(今日は)持ち堪えられた。ということは次から、3つボギーが先行しても大丈夫だと思える。(今日のように)3アンダーで回れる可能性があると思える。それが大きい」

 迎えた最終日、石川の表情は引き締まっていた。しかし「自分がもし優勝争いに加わっていたら、優勝を目指してやりたい。(優勝に)届かないと思ったら、それなりのプレイがある。前半のプレイ次第ですね」と語っていた彼に、気負いやプレッシャーはなかった。そして、1番でバーディーを奪うと、3番でもバーディーを奪って、一度は首位に並んだ。前半を終えても、首位から2打差以内に10人以上がひしめく大混戦となり、その中にいた石川にも優勝のチャンスはあった。が、あと一歩及ばなかった。

「(4日間を通して)こんなにひどいプレイがあっても、アメリカでこんな(いい)順位で終えられたのは初めて。(スイングの)メカニック的には満足がいかない部分はかなりありますけど、ゴルフになっていたな、と思います。今までの自分だったら、もっとスイングに悩みながら回っていたと思うけど、そこにこだわり過ぎないでラウンドできた。何にしても、今回トップ10に入れて、優勝というものを近くで感じることができた。30位前後で予選を通過しても、ここまで(優勝争い)こられることがわかった。これからも、こういう感じのゴルフを続けていきたい。常に予選通過できるような選手になって、30位以内に入る回数を増やしていき、そこから今度は20位以内に入る回数を増やしていけば、だんだん(優勝も)近づいてくると思う」

 米ツアーにおける立ち位置というものを、きちんと把握している石川。まずは自分の目標を果たせたことに満足し、1度の優勝争いで浮かれることはなかった。だが、最終日の終盤、「最後、バーディー、イーグルでいけば、優勝も狙えると思った」という石川の、どん欲かつチャレンジングな精神は失われていない。頂点までの確かな感覚をつかんだ彼が、チャンスを手にする日は決して遠くないはずだ。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko