「バトラー」(執事)という職業「英国王室の初任給は256万円」

写真拡大

「バトラー」という職業をご存知ですか? メイドや家政婦さんとはどう違うのでしょうか? 昨年9月に英国王室が出したバトラーの求人広告を例に説明しましょう。

昨年9月に英国王室が「バトラーの研修生」を応募しました。年収は、週45時間勤務で約256万円と少し低めですが、宿泊施設も用意されています。

世界の富豪や貴族に仕えるプライベートのベテランバトラーのお給料は、勤務時間の週平均が60時間、年収は1千万円以上と言われています。

業務内容は、雇い主の旅行手配から家の模様替え、電話・アポ取り、郵便、下着や靴下も含むワードローブの管理、プロトコール全般、朝食のトレーの用意等、コーヒーやお酒のサーブ、いわゆる私生活における秘書業務です。

求められる人柄は、サービス精神に長けて、礼儀正しく、忠誠心があり、秘密を守れる人。英語は必須ですが、バトラーであるのに男である必要はありません。

オランダにあるバトラー養成学校によると、入学生の約4分の1が女性で、過去最年長の生徒は68歳。人生経験が豊富な熟年のバトラーを好む人もいるため、バトラーという職業に年齢制限はありません。

礼儀正しく、おもてなし精神を持つ日本人にピッタリの職業だと思いませんか?

参考: Royal Butler wanted―15,000 salary, ability to work 45 hours week.
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2033691/Royal-butler-wanted-15-000-salary-ability-work-45-hours-week-flexible-travel-Balmoral-Holyroodhouse-essential.html