2014年注目のアスリートたち(11)

 世界を駆けめぐったそのニュースを、彼女はニューヨークでミュージカルを観るため、ブロードウェイに行ったときに知った。携帯電話のニュース速報が鳴り、フェイスブックのタイムラインも、その話題で持ちきりだ。

 2013年9月。初めて参戦した全米オープンジュニアの準決勝で悔しい敗戦を喫し、ニューヨークで過ごした最後の夜。

 2020年のオリンピックが、東京で開催される――。

 そのニュースを知ったとき、日比万葉は無意識のうちに、その年に自分が何歳になっているかを計算していた。そして、ふと思う。

「年齢的にも、いいタイミングだな」

 24歳になった自分が、東京でプレイしている姿が、脳裏に浮かんだ。

 日比万葉(ひび・まよ)は、1996年4月3日生れの17歳。職業は、プロテニスプレイヤー。世界ランキング220位。テニスを職業に選び、プロに転向したのは、この2014年シーズンからだ。

 生まれたのは大阪だが、2歳半の時に、父親の転勤に伴いアメリカに移住。以降15年間、カリフォルニア州が彼女の育った土地であり、テニスキャリアを積み上げてきた主戦場でもある。コーチの資格も持つ父親にテニスを教えられ、アメリカの同世代の選手たちとしのぎを削り、技に磨きをかけてきた。

 父親がこよなく愛するテニス選手は、元世界ランキング1位にして、「サーブ&ボレー」の代名詞的存在である、ジョン・マッケンロー。だから日比のプレイスタイルも、自ずとマッケンローに似たものとなる。バックハンドは片手打ちで、サーブ&ボレーも積極的に試みる。テニス会場に行っても、観るのはロジャー・フェデラー(スイス)など、流麗かつ端正なプレイスタイルを持つ男子選手たちだ。

「今の女子テニスには、私のようなスタイルの選手はいない。男子のプレイを研究した方が、自分のためになる」

 男子主体で見る理由を、彼女はそう説明した。プレイスタイルが画一化されがちな今の女子テニスにあって、70〜80年代を彷彿させる日比のクラシカルなスタイルは、目の肥えたアメリカのファンを早くもうならせている。出る大会、行く会場で、「君のようなテニスが好きなんだよ」と声を掛けられることも珍しくない。

 15歳のころからプロ大会に出始めた日比は、これまですでに3大会で優勝しているが、ステータスはアマチュアのままだった。決断をぎりぎりまで引っ張ったのは、大学進学の選択肢を残すため。実際に複数の名門大学から特待生のオファーを受け、進学に心が動いたこともあった。だが、最終的には昨年末、プロ転向を決意する。「いろんなことを考えた」上での、人生の一大決心。昨年8月に全米オープン予選に出場し、その際にWTA(女子テニス協会)の講習を受けてツアーの仕組みを学んだことも、プロの世界に踏み出す覚悟を後押しした。

 もちろん、転向を決めた背景には、プロでも通用するという根拠や手がかりを、これまでの戦いで得てきた自負があるからだ。日比が昨年破った選手の中には、今年1月の全豪オープンで3回戦まで勝ち進んだ60位のローレン・デイビス(アメリカ)や、68位のアヤラ・トムリャノビッチ(クロアチア)らがいる。それら、世界で戦う選手たちを破った事実は、「自信になった」と日比は言った。出場試合数が少ないためランキングこそ200位台だが、残してきた実績を見れば、数字は彼女の実力を正しく反映していない。

 プロ1年目となる今年の4月、日比は18歳を迎える。現在のWTAのルールでは、17歳までは年間の出場大会数が限られるが、18歳の誕生日以降は自由にスケジュールを組むことが可能だ。そうなれば遠征も増えていくし、13歳の時以来となる日本でのプレイも当然、視野に入ってくる。現時点で出場の可能性が最も高いのは、4月末に岐阜で開催されるカンガルーカップ。また、10月に生まれ故郷の大阪で開催されるジャパン女子オープンも、ぜひ出たい大会のひとつだろう。そうしてプロとして初めて立つ日本のコートは、例えそれがどの街だろうとも、東京の有明コロシアムで行なわれるオリンピックへと続いていく。

「やっぱり、オリンピックというのは大きいです。今はトップの選手たちもみんな、オリンピックに出たがっていますし」

 アメリカに住んでいても、言葉づかいや所作(しょさ)も含め、日比は両親から日本の文化や心を教わってきた。年齢を重ねるとともに英語主体の生活になるのは自然の成り行きだが、弟との会話も英語は禁止。週末は日本の補習学校に通い、正しく美しい日本語を学んでもきた。それでも最後に帰国してから、すでに4年が過ぎている。

 近くて遠い、我が母国――。だからこそ、日本開催のオリンピックへの思いは、一層強いのかもしれない。

 そんな彼女が、オリンピックと並んで憧れる舞台が、テニスの聖地ウインブルドンだ。

「なんていうか......、ウインブルドンには品があるじゃないですか」

 日比は聖地への憧憬(どうけい)を、そう表現した。

 その憧れの地に立つためにも、まずは今年の5月中旬ごろまでに、ランキング200位以内に入るのが当面の目標。そうすればウインブルドンの予選出場が確実となり、夢へと一歩近づくことになる。

 日比は15歳の時、向こう3年間の目標を紙に書き出し、それを部屋の壁に貼りだした。その最後に書かれた一文は、「3年後 グランドスラムに出られる」。17歳の現時点までの足跡は、見事なまでに、「未来予想図」どおりである。

「もうすぐ目標のリストが期限切れになるから、新しく作らなくちゃ」

 2014年最初の遠征を終えてカリフォルニアの家に帰ったら、彼女は自身の未来をつむぎ、それを再び紙に書いて貼りだすのだろう。そこにはきっと、「ウインブルドン出場」の一文があるはずだ。もしかしたら「東京オリンピック」の文字も、どこかに加えられるのかもしれない。

 昨年の9月に、ブロードウェイで思い描いた自身の姿――。それは、カリフォルニアやウインブルドンの空を超えて、6年半後の東京へと続いていく。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki