19日、捜狐旅遊は「韓国・自殺大国の謎」と題する記事を掲載した。資料写真。Record China

「死」を巡るネットの現状と未来

ざっくり言うと

  • ネットと死の関係を考察する連載の最終回
  • ブログなどは書き手の死後数年は存続するが、サービス自体の終了で消滅することがある
  • 死者の最期の声には重みがあり、それが多く遺るネットは貴重ではないか、と筆者は主張

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング